スピリチュアルで心理学
心理カウンセラーとして学んだ心理学にスピリチュアルな視点を加え、子育て・コミュニケーションについて提案します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ありがとうございました
永らく読んでいただきありがとうございました。これより無期限の活動休止いたします。 (サザンか^^;)
スポンサーサイト
[2013/07/02 08:28] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
反省!
混合診療の拡大は、金持ち優遇政策ですね。この勢いは止められません。
しかし、いまだに、国が薬の安全を保障してくれているから安心 というのはあるんですね。
精神科の薬は気をつけましょう。特に子供。

もともと国の負担を減らすというのが表向きの目的です。(もちろんもっと表向きは国民のため)

正直、国が予防医療に力をいれれば、正しい、死や病気についての認識があれば医療費は減るんですけどね。
あ、健康食品の粒を食べることは予防医療ではありません。(私の見解ですが)

私の思う本当の予防医療は、日本人の体に合った食事を好きになり食べること(健康だからといっていやいや食べるのはだめ)、整骨・整体でプロに調整してもらいながら、 自力整体で、毎日ケアする。(ヨガは良し悪しです。ポーズをとることに重きをおいている主義はダメ。首痛めます。あと何分とか、何回とか意識するのもよくない。)
そうすると、排せつが上手にできるので健康でいられる。あとは魂の声に従うことでしょうか。
円 で考えると、口から入って肛門から出す。という流れを止めなければいいんです。地球最初の生物?は口と肛門しかなかったそうです。排出の大切さは、イエスも言っておられます。だから、現代人は悪いものを食べ過ぎなので健康食品を食べるより、ダスことに気をつかった方がよいのです。
下からに限らず、これだけ汚染されたところに住んでいるので、汗はもちろん、熱、鼻水、湿疹など出せるものはどんどんだしましょう というのはホメオパシーの考え方です。

そんな知識はあったものの、人は安きに流れやすく、わたしもそうでして^^;最近は、もともと側弯症もあって気や血の流れ、排せつが悪い私です。なのに、もともと体の丈夫な旦那と同じものを同じ量をがっつり食べていたために、最近は調子がすこぶる悪く、やはり私の食生活を見なおさなければと思います。

というのは、食生活に気を付けていたとき、きちんと整体にもかよってメンテナンスをしていた期間はやはり調子がよかったのです。 エドガーケイシーの食事療法を少しとりいれ、豚肉、牛肉は避けようと思います。ところで、食べたいのに、食べないようにするのは、ストレスですよね。ではどうしたら食べたくなくなるか。
どのように、牛や豚が食肉とされるのかの映像を見るのです。おそらくネットでみれるのはアメリカのものです。
日本とは違う (と 願います)、自分たちが口にするものがどのように作られているのかを知ろうとするのは大切です。知ったらほとんど口にできない  かもしれませんが。

ゲリー・ボーネルさんによると、人間の体は、外部からの食事や睡眠さえもいらなくなるよう進化していく(おそらく、肉体が主だったのが霊体が主になるということでしょうか)そうなので、それも問題なくなるのかもしれませんね。 いつのことかはわかりませんが。





[2013/06/13 13:53] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
かわいそうな私、 憎いあの人
なつかしいメンバーでご飯を食べることに。
イオ〇で待ち合わせ。 

うち一人 A が道に迷って、1時間近く遅れてきた。

A:「ごめんね。遅れて」
B.C:「いいよいいよ、しゃぶしゃぶいこ!」
A:「あ、ごめん私肉断ちしてるんで。」
B.C「そっかあ。じゃあどこにしようか~」 うろうろ 決めれず30分。

のちに、Bさんは、息子とともに別の 友達に愚痴る。
B「遅れてきたのに、ひどいよね。 ふつうありなくない? 結局時間なくなってきちゃってさ。ねえ、わたし間 違ってる?」
D「うううん、 ちょっとお って感じだよね~ だいたい スピりちゅあるにはまってる人多いんだよねえ。」
Bは 自分の正当性を確かめ安心。 すると じっと聞いていた息子がひとこと

「おかあさん、そんなにお肉食べたかったの?」
B: 絶句。。。 笑い

不平不満を言う時、人はだいたい、どちらが正しいか、間違ってるかを 確かめる。 
あなたは正しい! といってほしいのだ。 だいたいそうだ。 
でも、怒りって、実は違うところにあったりする。

かわいそうな私 ひどいあの人 を 訴えたいだけなのだ。
しかし、それを言うのはあまりに、子供じみてる と感じるので、 正当性 で勝負する。
いいのだ 「わたし肉食べたかったのにぃ」 で。

正義感いっぱいの人、どちらが正しいかで勝負する人は、 愛が足りない とすら思う。 

ちょっと前のわたしのことですが。


実話にもとづいて、設定を変えてあります~   
[2013/06/03 15:14] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
なんとなくつぶやいてみる
人の評価によって、自分の価値を上げたり下げたり しないように できるようになってきた。
しかし、 ほめられれば 素直にうれしい。(これ、前も書いたな。)が前ほどではない。
心理学を学んでしまった以上、人のほめ言葉が 嘘くさく聞こえてしまうこともあり。
そのような言動で、操作されないぞ という わたしの防御機能が働いてしまうのだ。
女の子は素直が 一番 なのにね。 (時代錯誤? そいえば、素直 の解釈で、年配の方は、素直は従順、若い人は、 素直は自分に正直 とか とるようです。)


家庭内にもんだいがあると、影響を受ける人がいる。 その人は、家族の中で、問題児 扱いされる。
しかし、 問題は、その家族のメンバー個にあるのではない。
その家庭内が機能不全なのだ。 

そして、それに気づいた一人が動くことで、家庭内の機能がうまくまわりだす。


これを目の当たりにした。 ちょっとプライベートすぎて書けない 

問題児 の行動のみ に焦点を当てると、事の本質が見えてこない。 
スピリチュアルを学んだ心に余裕のある人が、ぜひ、行動をとってほしい と思う。
(別にスピリチュアルじゃなくてもいいけど。)

[2013/05/24 19:51] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
余裕
人はもともとやさしくなれる存在だと思う。だって神の子だから っていうと宗教っぽいですが。

世の中の事件をみると、悪魔としか考えられない行動をとる人がいる。

感情的にとても許せないことではあるが、スピリチュアリストとして、心理カウンセラーとしてすこしだけ、客観的にみてみよう。

結論から先にいうと、 わたしは、大学の研究会でも話したのだけど、やっぱり、本来やさしい人間が

やさしくなれない、殺人までいかなくても、 仕事でいやなことがあったら、家族に、部下に、 お店の人に

立場の弱い人にたいし あたる 人 そこらじゅうにいます。 わたしも そういう意味では無実ではありませ
ん。

なにが そうさせるのか、 やっぱり 余裕 があるかないか

だとおもいます。 自分を生命を守るといった本能的なものから、、自分の自尊心を守る、名誉を守る、財産を守る、世間の目から守る、といった現世てきなものまで、仕事がうまくいっていないとき、だれもが余裕を失うものです。 仕事が人生のすべてだったら、自分の価値を図る唯一のものさしだったらなおさらですよね。

だからこそ、スピリチュアルを学ぶというか 学ぶだけでは不十分ですが、真に理解して実践していくことが
大切なんです。 なにが 大切なのか を 教えてくれるからです。

心の余裕をもたらすからです。

で、さっきの悪魔の話ですが、 やっぱり、とりついているケースが多いと思います。

それだけ、人間は、波長というか波動で生きているということですね。 引き寄せちゃうというか。

そういえば、イエスのほんとうの目的?は、人々の悪魔祓いだったとも言われています。

キリストが、どうしてあれほど、禁欲なのか不思議だったのですが、愛する者同士のセックス自体がどんなに

美しくても、そういうパターンばかりではない、そういった行為は溺れやすく、そうしたスキ、あるいは、欲望のまま生きること (怠惰になること)が、そうした霊が捕り付きやすいのでは と思います。
茂木先生も、人間はほっておくと、怠惰なほう、楽な方に流れるんです。脳がそういう風にできてます。といっていますよね。 だから、あるがまま~ は やりたい放題 とは 違うということですね。

だから、 修行で、とりあえず、禁欲、肉を断つなど、やるんでしょうね。 それは、一つのステップなのでしょう。 
ところで、肉を断つ って どういうことでしょう? スピリチュアルに目覚めた人は一度は試しているか、今も実践していると思います。 肉を断つと本当に肉を食べたくなくなります。 水ばかり飲むと、お茶すら不純物というか余計なものに感じます。食べたいのに、食べないのは正直スピリチュアルにかぶれている人だとおもう。
自然と食べたくなくなるのが理想なのでしょうね。 でも、年齢か、胃の病気かもしれないけど^^;

わたしは、食べない時期もありましたが、 子供も好きなので、一緒に食べています。

話がまたまた飛びましたね。 そして、 スピリチュアルに目覚めた 余裕 ある 人たちから、 愛の種を まいて
いってほしいとおもいます。 
[2013/05/17 19:19] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

mikecottoncandy

Author:mikecottoncandy
心理カウンセラー スピリチュアルな視点からセルフカウンセリングの提案
英会話講師 

好きな植物 竹、ローズマリー、シュガーバイン 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。