スピリチュアルで心理学
心理カウンセラーとして学んだ心理学にスピリチュアルな視点を加え、子育て・コミュニケーションについて提案します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
相手に沿って聞く
カウンセリングの鉄則として、肯定 というのが あります。

というより、否定しない、さえぎらない という方が正しいです。

クライアントは、 頭にうかんだことを とりとめもなく 話すのですが、それを 分析したり、結論づけたり

ジャッジしたり まして、すぐにアドバイスしず、 ただただ、確認しながら、聴いていくというものです。

カウンセリングは 元手がないから いいですね というもいますが、(その方はエステ関係)

こういう聞き方って、ほんとうに大変なんです というか できません^^;

しかし、よい人間関係、親子関係 を築こうとおもったら、 これぐらい 効果あることはない と思います。

とかく、親は子供の話を 上記の よくない例のような聴き方をし、 どや すごいこといったやろ 

お父さん(お母さん)に任せろ といった感じになるのです。 そして、やってしまいがちなことは、

お父さんのころは~  おかあさんがあんたのころは~ とか お父さんの悩みに比べたらおまえの悩みなど、

と自分目線でジャッジすること、 あるいは、こうしなさい と 道をしめしてしまう 時には強制してしまう

ことがあります。 

小さいうちは だんだん 反抗期 という形で表れて、もう話さない! と 親子の会話がなくなる というのが

あります。 わたしも、悩みを親に話したことなどなかったですね。

とにかく、 だまって そっかそっか すごいね あれ?とおもっても、 こういうこと?と 確認するだけ、

これだけで、OK. あとは、 話さなくなっても そういう時期なんだな と 子供を信じればいいのではないでしょうか。

お友達同士でもいっしょにいて心地いいのは、そういう人ですよね。 

ただ、お友達同士、あるいは夫婦だと 子供 とは ちょっと違います。

まず、 愚痴ばかりきいてもらうと嫌われます。お互い様 ならよい。

 愚痴ばかりきかされて困る という人は、 相手の愚痴を誘発してないか

注意してください。 つまり、 ほとんどの 愚痴は 不毛です^^; だから テキトーに ながせば

いいのです。というと語弊があるかもしれませんが、 (子供の愚痴は真剣に) 入り込みすぎない ことでしょうか?

あとは、その人が、解決したい と思っているときは、真剣に、ききましょう。

わたしはついつい かってに、解決してやろ と 言うモードで聞いてしまうことがあるので、 要注意です。

カウンセラーの人がいっていました、 自分の友達に話を聞いてほしい といわれたときは、

何モードできけばいい? ときくそうです。 カウンセラーモード で 解決をめざして(あくまで本人の気づきによるものですが) きくのか、 友達モードできくのか、そうしないと、とんでもないおせっかいおばさん
になっちゃうからって。

わたしも 気をつけよっと。






  



スポンサーサイト
[2013/03/08 17:35] | 心理学 | トラックバック(0) | コメント(0)
メディアリテラシィ
このところ、又近隣国がざわついていますね。ニュースばかり見ていると気が滅入ってくるかもしれません。
また、恐怖をあおるような発言をするコメンテーター、御用学者などの発言を聞いていると、
日本にも軍隊を! という世論を作ろうとしてるのだろう と 勘ぐってしまいます。
とりあえずは、自衛隊法の改正でしょうか。

マスメディアは世論を作るのに大いに役立つという話はしました。
なにか大きなこと(例えば憲法9条を変えるとか、徴兵制ど をつくるとか)を起こすには
それ相当の理由、が必要です。 国民感情 を上手に利用するのです。
これは、昔から使われている手法でもあります。 パールハーバーの奇襲の真相は有名ですね。

なにが言いたいか。 今後どんなことがおこるかわかりませんが、ちょっと  引き の目で、ニュースをみてみましょう。
ネットは情報の質がばらばらですが、いい情報もあります。また、自分自身で感じるというか、しっかり第三の目を開いて^^;見てみましょう。

心理学というのは、大衆心理をコントロールするために(も)研究されています。
管理された戦争というのは、昔からあるのです。
[2013/02/14 19:36] | 心理学 | トラックバック(0) | コメント(0)
親のエゴ
子供が8年間続けたスイミングをやめるといいました。

ここ数年は一緒に行っていたお友達もやめ、本人もやめたい感じでしたが、唯一の習い事 ということと、

私たち親が6年生までは続けてほしい といっていたので、休みがちではあるものの続いていました。

最後のお友達がやめることが決定打となり、退会することを決心したみたいです。

最初、こどもは落ち込んでいました。 6年までは、 といっていたので、 ”途中でやめた”

というネガティブなイメージをもっていました。 

私も最初は残念な気持ちでしたが、切り替えをして、8年間がんばったね といったら 

急に、誇らしくなったみたいで、父親にも”なんでもパパの理想通りにはならん”とはっきりいっていました。

考えてみたら、中途半端 って感じさせちゃったのは、私たち親です。勝ってにきりのいいところ。しかも、

プールなので、学年は関係ないですよね。 そもそも、もうバタフライまでできちゃうんだから、きりもなにも

もう十分なんです。(ターンがまだ完全じゃないけど^;ってわたしもできんわ)

そうなんですよね。ついつい 親は 子供のことを考えて といって、理想持つ。 それ自体はいいんですけど、

やっぱり、そうならなかったときがっくりきたりする。中には、いろんなものでつったり、この習い事やめるな

ら、こっちもやめる(子供が行きたがってる方)と脅してみたり、、。

とはいっても、習い事に関しては、子供のやる気の低下がやっぱり、退会につながります。経済的なこともある

し、無理やりやらせようという親は少ないと思います。いづれにしても、やめる ことに同意したのなら、それが

誇りと思えるようにさせてあげたいです。

そういえば、チャレンジ(進研ゼミ)という 教材をめずらしくやりたい っていったので、 始めましたが、1

日やっただけでそちらも退会しました。 そしたら、息子が ”ママ、今度俺がチャレンジやりたいって言った

ら、全力で止めてね ” ってどうよ^^;
[2013/02/09 16:22] | 心理学 | トラックバック(0) | コメント(0)
親の心配・親の支配
知人のブログをみてちょっと気づいたことがあった。

親の過保護・過干渉
親は  心配 ととる。 あなたのためを思っていってるだけよ。 

じゃあなぜ子供はそれを支配だと感じるのだろう。また、管理しようとしていると感じるのか。

子供のため、といいながら結局は親は自分のために心配している。
のを感じるからだ。 

私の場合、 私の選択を信頼してくれない= 子供扱いされている のが嫌みたいです。

私のインナーチャイルドで言うと わたしを認めて ということになるのかな。


『親が子供のために トーストを自分と一緒に焼いた。 バターもぬった。 
ほどなく、子どもがおりてきた。 テーブルには すでにトーストがある。バターはしみしみ。
子供はいやだ(焼き立てがいい) といった。  親は わがままだ といった。』

過干渉・過保護の典型? 子供のわがまま?

この 親 の部分を 妻 にかえて、 子供を夫にかえてください。 

妻の愛情不足? 夫のわがまま? OR 正論?

結論  トーストは自分でやきましょう 

ちなみに、 わがままだと人を責める人は、自分がわがままです。 わがままを許されなかった人は、わがままな人を批判しがちです。 わがままは 交流分析でいうFC 自由な子供です。 早い段階からFCを押さえつけてはいけません。 これから必要な力は 回復力 凹んでも 立ち上がる力。 それには、FCが 必要なのです。これは自信をもって言えます。 

トースト事件は私の話ではありません。トーストは焼き立てが一番 ってわかってますもん。
夫婦の話のときは、そうだよね と妻側の味方をしながらも、 いや 焼いて置いとくなんて論外だ と思ってましたけど。 その時は、AC全開でしたので言えませんでしたが。

[2013/01/18 08:44] | 心理学 | トラックバック(0) | コメント(0)
意識をかえる
お掃除が苦手な私は、だれかお客様がくると張り切って掃除をする。 そのたびに、いつもやっとけよ。
と自分につっこむ。 以前は なんで こうなんだろう、 わたしってだめだな と おもっていました。
でも、そこに感情はいらないんですね。
「人間がダメなのでなく、行為に改善点がある」 そこには、
自己嫌悪はありませんが、このままでいいのだ という怠惰な気持ちもない。
できないものは、できない とあきらめることができるなら、それでもいいんだけど、
やっぱり きれいな部屋の方が私も気持ちがいいので、いい方法をかんがえる。
結局 ”掃除をきちんとやりたい” ということは 昔と変わりないのだけど、何が違うかというと、
これは わたしの チョイス 選択 なのだ。 
と認識している ということです。
たとえば、 いい奥さんでいたいから、とか 子供の模範になりたいから、 とかそういうんじゃなくて、
自分がそうしたいから。自分に軸があるのです。
仕事でもそうですが、いやなときもあります、でも、だれもあなたに、ここで働け!と強制労働させてないんですよね。そう、認識すると、愚痴る暇はないし、どうやったら、前向きにいやな仕事をやれるのか、考えるということができる。 建設的に上司に改善を求めることもできる。

親がいろいろいって、結婚できない とか、親の家業を継がなきゃいけないとか、あなたの人生を縛り付けているようにみえるけど、子供のときはそうでした。親に見捨てられたら、死んじゃうから。でも今は大人です。
NO ということはできるのです。 
でも、わたしは、NOといわないことを選んだ。という意識をもたないといつまでも、うらみがましく過ごすことになります。 親は親で、そんないやなら、なんでいってくれなかったんだ とか 逆切れしたりして、
親子って本当に、依存というか、甘えというかが多いですね。
家族といえども、他人であるというか、助け合うけど、(合わないのもよし)他人というか、成人したら、そういう意識をもちたいものです。すると自分がとってもラクになります。
完全には割り切れませんけど、意識を変えるだけでも違ってきます。
[2013/01/05 18:54] | 心理学 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

mikecottoncandy

Author:mikecottoncandy
心理カウンセラー スピリチュアルな視点からセルフカウンセリングの提案
英会話講師 

好きな植物 竹、ローズマリー、シュガーバイン 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。