スピリチュアルで心理学
心理カウンセラーとして学んだ心理学にスピリチュアルな視点を加え、子育て・コミュニケーションについて提案します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
リフレッシュ休暇終了
ハワイに行ってきました。大自然にふれ たくさんチャージして癒されたら、すこし肩の力が抜けた感じ。

実は、行く前は、感謝する という 気持ちが自然にわき起こらず もんもん としていた。 

が、 自然に起こるように戻ってきた。(そう、以前はそうだったのだ)

話はかわって、はらちゃん 最終回 やっぱりちょっとメッセージ性のあるドラマでした。

2次元の世界を書いているのは3次元の人間。 2次元の世界の人は自分の世界が唯一、絶対だと思い、自由意思

もある と思い込んでいる。 しかし、かれらを終わらせるのは3次元の作者だ。

私たち肉体3次元の人間のほとんどの人は自分たちの世界がすべてだとおもっている。

4次元さらに高次元の存在が私たちを動かしているなんて思わないだろう。

はたして、自由意思はどのくらい認められているのだろう。

スピリチュアリズムも、私たち人間の意志 をみとめている 。 運命論者ではないのだ。

しかし、わたしはこうも思う。 やっぱり シナリオ って 決まっているのではないか。

よく引き寄せの法則 とかで、 思考を現実化する話がある。 これは、神と人間 を引き離し、

わたしたちは無力で、小さな存在である という 集団意識から の ステップアップだ。

私たちは、神の一部でもあり、すべての人が I am OK であり、運命を変える力をもつ。 ことを知る。

しかし、これをさらに進めると、こうも思う。

もしかすると、 それすらも、プログラミングされているのではないか。 つまり、 このタイミングで、この出

来事をきっかけに、パラダイムシフトを起こす ということを。

わたしが思ったのは、私たちの意識は 覚えていないが、 魂、や 潜在意識 なんでもいい、 そういう

次元では 高次元と常にコンタクトをとっていて、了解済みであるということだ。

だから 委ねる ことが できる 。 だれと どこで どのタイミングで出会うか。 

これは 運命論者 とは 違う気がする。つまり、 動かされているのだけれども、操り人形のように、

ぶらんぶらん とされているのでなく、いってみれば私たち自身も、その紐の一部を握っている。

というものだ。

だから 現実的にはいや~ な 出来事に遭遇することも 多々ある。 しかし、それがなければ気付けないことも
ある。(これは同じく私がみていたドラマカラマーゾフの兄弟最終回でのセリフ。)

しかし、反対にやりたいことがあってもできないことがある。あるいはやりたいこともみつからないこともある。

しかし、私たちは、なにかを 学び 経験している。 そして あとになって その体験、経験が 必要なものだったと気づく。 その時は わからないのだが。

私たちは未来を作ろうと 一生けん命になることがある。 ゴールを定め、そのために何が必要なのかを必死に考える。 ビジネスにおいては必要だろう。 とくに若いうちは 何になりたいのか なんて 聞かれるものだから、なんかはっきりした目標がないといけないのか、 あせったりする。 中には、小さいころから、その才能を発揮しているひともいて、そういう人とくらべ (早咲きの人)あせったり落ち込んだりする。

いったい わたしは 何をしたいんだろう、 何に向いているんだろう、 何のために生まれてきたのだろう。 

そういう葛藤を経験する人も多いはずだ。 わたしもそうだった。

しかし、この葛藤こそが大切な経験である。 この不確実性を 受け入れるだけの度量 を 試されている。

私たちの多くは、 結果主義であり、しかも、目にみえたものがないと、あきらめたりしがちだ。

親からのインストール 急げ、 一生けんめいやれ 、 仕事においては結果をだせ。 


話が飛び飛びですね^^; 何が言いたいか。 だから、わたしたちは、なにも心配することは ない のだ。

すべてはうまくいく。 (キャロラインメイス) それは 私たち(意識)が求める”うまく”ではないかもしれない。 しかし、魂は喜んでいるのだ。

わたしがこのようにかくのは、 まさに いま 私も、コネクティングドットが できた からだ。

いよいよわたしのいままでの努力が実を結びそうなのである。

今日はスピリチュアリズム記念日。 霊的真理を胸に 新しい仕事に取り組もうと思う。


お詫びと訂正  フランチェスコの再来というのは、フランチェスコが生まれ変わったということでなく、

フランチェスコの思いを引き継いだ?持った方が、教皇になったということ でした。

1人の救世主が現れることではない。 というのは みなさんが言われているとおりです。 私たち一人一人が

現世という荒波を フランチェスコの精神を、イエスの精神を 胸に生きていくことが、なお一層もとめられて

いることは変わりありません。 現世では嫌なできごと、いやな人にあることもあります。 しかし、その人も
影ばかりではない。 その人のわずかな部分でも 光 を見つけ その光と 対話すること。

まだまだ里の行は続きそうです。


 
スポンサーサイト
[2013/03/31 16:57] | プライベート | トラックバック(0) | コメント(0)
江原さん 握手会
先月 名古屋の書店で、江原啓之さんの握手会に参加してきました。(てちょっと古い話ですが)

私が気になっていたのは、 今回は目が合うかな ということ。

書店での握手会は初めてでしたが、ディナーショーで握手をしてもらったことはあります。

ところが、一人ひとりだったのにその時全然目を合わせてもらえなかった(気がして)。

今回は、今年もよろしく!といって固く握手してもらいました。もちろん目もバッチし合って。

古いサポーターというのをわかってもらえたのかな。

私はオーラーを見ることはできませんが、やっぱりいいオーラを感じますね。

ただ、わたしは、狂信者ではありません。江原さん自身も、私が言ったからすべて正しいというか信じるという

のはやめてください。 という これは、自分にも間違う時がある というよりも、 自分で、物理的に調べて、

あるいは感じて、判断しなさい。 ということです。 

また、江原さんは、わたしは(霊界からのメッセージの)スピーカーにすぎない 。自分自身も未熟なのだ とい

うことも言っておられます。 

宗教団体においては、教祖の言うことは、絶対 ですよね。疑うなんて発想すらない。
また、神の声が聞こえる私を 神 のように崇めることを求める教祖がほとんどでしょう。

ところで、霊能者って聖職者扱いされることあります。教師や医者もそういわれがちですが、金銭においては、

つましくしなきゃいけないみたいな。 なんでしょうね。 しかも、一般の人がいうより、霊能者同志こきおろすというとことばがきついけど、偽物、本物とかいったり、 強い、弱いとかいったり、難癖つけるような気がします。
人それぞれやり方、得意分野?があるのだから、いいと思うんですけど。

ただ、先ほどの宗教団体の教祖の話のように、こちら側が、ついそういう方たちを、神のごとく崇める傾向
そして、本当に、救われる方もたくさんみえるから、その気持ちをお金で表したりされるうちに、純粋な気持ちだったのが、だんだん変わってきてしまうといいます。 だから、最初から金銭にはルールをと考えられる方が
いるのかもしれませんね。

ところで、神社とかお寺とかの聖職者にお金を払うことはふつうにしてるのに、なんで、霊能者がお金とること、
やいのやいの言う人がいるんでしょうね。 お悩み相談でお金をとるのは、心理カウンセラーも同じですけど、
なにもいわれません。 医者へ行って、全然話もきいてくれない医者だとしても当たり前に、お金を払う。(保険でカバーされるから2割ですが実際には残りを国=税金 結局私たちが払ってますよね。)

当たり前にやってること、習慣的にやってることって疑わないけど、ちょっと違う視点でみると
いろいろ?がつくことあるなあ と思いました。
[2013/02/03 13:54] | プライベート | トラックバック(0) | コメント(0)
熱田神宮
昨日、神社に行こうとふっと思い立ち、熱田神宮へ息子と行くことにしました。
まだ今年のおみくじを引いていないので、それも楽しみの一つ。
わたしは、大吉で 内容もとてもよかったので、ルンルン♪ ところが 息子は 半吉(そんなの
あるんですね。)で、内容も、どこを探してもいいとこなくて、栗原るいくん顔負けのネガティブぶりでした。 わたしも、くくりつけて、悪い縁を追い払おうといったけど、ずっとブルー。
帰り際に、違うおみくじを発見。 名前のくじですが、どれをとるかでも中身が違うようでした。
それをひいたら、大吉だったので、大喜び。 こっちが本当のメッセージにしようね といって なんとか元気を取り戻しました。
私はせっかくいいのをひいたので、あまりひきたくなかったのですが、 それでも、興味もあり、
ひいたら、なんと同じ番号の大吉。 こちらの大吉はちょっと気を付けたほうがいいこともかいてあり
私の方は、心の中で、最初にひいたやつが本当にしよー っと。でも 戒めのいいメッセージがあったので、
それは採用! と親子そろって単純。

屋台もたくさんでていて、 初詣はすっかり イベントの一つになっているんですね。
わたしも、お祈りするときは真剣ですが、あとは、楽しんでしまいました。
それにしても、びっくりしたんですが、古いお札を集める場所があって、中のおじさんがそのお札やらなんやらを
踏んでるから^^;(わざとではなく、あまりの数に踏んでしまうということ)
[2013/01/14 17:53] | プライベート | トラックバック(0) | コメント(0)
新年あけましておめでとうございます
ブログを読んでくれている方、今年もどうぞよろしくお願いします。

仕事を減らしますといっていましたが、年末年始に、立て続けに仕事のオファーをいただきました。
とてもありがたいことです。
相変わらずバタバタ過ごす一年になるのかなあ。
がんばり過ぎずラクに生きたいな という願いがどうなるのか、また報告させていただきます。
ラクといっても怠惰というのとは違くて(←これって東京弁?)心の成長はしていきたいと思います。
義理の両親ともここにきてうまく話せるようになってきました^^; (遅すぎ?)

うちの子がわたしの頑固でわがままなところがそっくりで。 なんでしょうね。わたしを見てるからでしょうか、
もともとの素質?気質?があったのでしょうか? あの子をみていると、わたしの態度がいかに両親を困らせていたかよくわかります。今年もたくさんの気づきがありますように 

皆様にとってすばらしい一年になりますように
[2013/01/01 16:47] | プライベート | トラックバック(0) | コメント(0)
来年の漢字一字
スピリチュアル・アーティストの方に、私の来年を見てもらいました。
漢字一字で表して、絵にしてくれるんですが、 私の漢字は「点」でした。
簡単に解説すると、来年は今年やってきたものの中から、これというものをしぼって鋲を打つ という感じでしょうか? 再来年は 「線」 とかになって、 スティーブジョブズじゃないけど、 connectiong the dotsになるといいな♪  
[2012/12/29 09:37] | プライベート | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

mikecottoncandy

Author:mikecottoncandy
心理カウンセラー スピリチュアルな視点からセルフカウンセリングの提案
英会話講師 

好きな植物 竹、ローズマリー、シュガーバイン 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。