スピリチュアルで心理学
心理カウンセラーとして学んだ心理学にスピリチュアルな視点を加え、子育て・コミュニケーションについて提案します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
好きな香り
みなさんの好きな香りはなんですか?
私の第一位 好きな人の香り(って、うちの子ですよぉ) 人の好き嫌いは匂いが関係しているとか
  
  第二位 アロマ精油 イランイラン、マジョラム、ゼラニウム 
      名前は忘れましたがお医者さんがブレンドした質のよい睡眠のための精油
      精油をたらしたティッシュを枕のそばに。(それなくても寝れるけど^^;)            
  第三位 車の新車のにおい  やっぱりいいですね。永遠に続かないところも刹那的でよい!?
  
  第四位 ガソリンのにおい セルフのスタンドでいれるので、給油のときはたまりません。 
  
  第五位 エレベーターのにおい これは小共感(昨日のリンカーンを見た人ならわかってくれるかな。)ですよね^^;グレーのフエルトのようなものが貼ってあるエレベーターでシンナー系なんですかね。

好きな匂いって何回もかぎなおしちゃいますよね。でも第四と第5位のはずっとかいでたらぶったおれますよね。
体に悪い匂いも好きなんですね。食べ物も一緒?

今日はアロマのお勉強会で、匂いがないときより、アロマをつかったほうが、仕事などがはかどるし、ミスもしにくく、体も心も疲れにくいということがわかりました。(データがあり)
ちなみにコットンキャンディの会や、カウンセリングでもアロマをつかっていますヨ
スポンサーサイト
[2012/04/25 18:14] | アロマ | トラックバック(0) | コメント(0)
jazz chants!
今日ははるばる大阪まで、ジャズチャンツのセミナーにいってきました。簡単にいえば、リズムにのって、英語をいう。というものでジャズの音楽にのせていいます。音楽大好きなので、このジャズチャンツをレッスンで使えたいとおもっています。
多くの日本人は英語の発音に劣等感をもっているので、早いうちに英語を外国人にならって発音をよくしたいという人がおおいのですが、アジア圏の人が話す英語をみてもわかるとおり、発音はそれぞれ国によって癖があります。日本人らしい英語でもいいと思う。それよりも、大事なのはリズム抑揚
声をだしたり、リズムにのることが小学校中、高学年になると苦手なような気がします。
今日のセミナーではたまたまアメリカ人の先生たちが参加していて、彼らが、とてもリラックスして、体でビートを感じながら、楽しんでいるのをみて、こちらまで、楽しくなりました
教える側が楽しむって大切ですね。怖い顔して、”ちゃんと覚えているのか”視線をおくったら、子供だって萎縮しますもんね。かといって、楽しいだけで、学べてなくてもだめだし、
ジャズチャンツは大人も子供も楽しめるメソッドになりうると思いました。
[2012/04/22 20:00] | 英語・英会話 | トラックバック(0) | コメント(0)
謙虚にいきること
よく”自分の目で確かめたものしか信じない!認めない!”というのがありますが、傲慢だと思うのはわたしだけでしょうか。同じように科学で立証されたものしか信じない!認めない!というのもあります。私がこれを傲慢だと思う理由は、自分がそれほど全知全能なのか?と聞きたくなってしまうからです。自分を過大評価しているようにもとれます。自然に対してもそうですが、人智の及ばないことがらがある、自分にはまだ知りえないことがたくさんあると謙虚に生きると、先のような発言は到底できません。真の科学者は今の科学の限界を知ってて、かつこれからの科学の発展を信じているからこそ、例えば霊のような科学で証明できないようなものも、否定はしません。むしろ、科学で証明してやろうとなるものです。(スピリチュアリズムの出発はたしかそれがきっかけでした。)アリソン・デボアは実在の方ですが、彼女の旦那さまがscientist(科学者)というのも素敵ですよね。
想定外ということばが原発事故にたいする釈明で聞かれましたが、似たことがいえます。人間の力の過信です。
(もっとも想定が低すぎるという意見もありますがそれはまた別の問題)謙虚にいきることと自己卑下は違うという話は前にもしましたが、自分を過大評価せず、過小評価せず。ありのままの自分を受け入れる。でも正直私はこの言葉が好きではありません。ありのままを受け入れるということは、そこでストップしてしまうことがありえます。”どうせ私ははこんなもの”といっているようで、自分を受け入れているんだろうけど、同時に自らの可能性をディスカウントしていることになります。限界を自分で決めているともいえ、とうてい謙虚とはいえません。この”ありのままを受け入れること”と”向上心”のことを次回にわたしの体験を交えながらお話します。
好きな言葉
人事を尽くして、天命をまつ Do your best and let God take care of the rest.という感じかな? (誤字脱字があったみたいですみません)
[2012/04/20 16:16] | 心理学とスピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0)
ストローク~人間に必要不可欠なもの~
心理学用語で、ストロークは、人間に必要なものです。それがないと死んでしまうかも。愛されないと死んでしまうウサギのように、、、怖っ アリストテレスの言葉を借りれば人間は”社会性の動物”人と関わって生きていく動物。だからストロークが不足する=人とのかかわりが薄くなると、ストロークを意識するしないにかかわらず、求めていく動物なのだそうです。ひきこもりといわれる場合でさえ、ネットなどで、だれかとつながっています。ただストロークにはプラスのストローク、マイナスのストロークがあります。プラスのストロークがもらえないときは、例えば、店員さんにくってかかったり、けんかふっかけたり、そういうマイナスのストロークでもいいから、ほしくなるということのようです。
山の行と里の行 私は常々、この世知辛い、理不尽な世の中ですごすことは里の行であり、山にひきこもって?、世俗と離れて”修行する”というのよりはるかに大変だと思っていました。が、このストロークというものを勉強してからは、世俗から離れるというのはストロークが減るということなので、山の行(具体的にどんな修行なのかわかりませんが)のほうが、やはり大変なのかな?と思ったりします。(比べるものではありませんが)ちなみに仏教の先生曰く、最近はインドでも週末は家に帰る(逆だったかな)つまり、家族をもって修行する人も多いようです。とにかく~みんな里の行をしている同志なんですよね。かつて、いやなことがあってつらい時期は尼さんになりた~い!!と思ったことも何度かありましたが。日々学びですね

宣伝ですが、コットンキャンディの会のコミュニケーションゲームで、たくさんのストロークをお互いに与え合うことができます。もちろんプラスのストロークですくわしくは、コットンキャンディのカテゴリーで!皆さんのご参加お待ちしています
[2012/04/19 18:02] | 心理学 | トラックバック(0) | コメント(0)
選択する  chose to
子供は親を選んでうまれる。これはスピリチュアリズムの真理です。そして私もそう思っています。今日はどうしてもそういう考えに納得できない人にこのように考える方が得ですよ。どちらも(親が選ぶのか、子供が選ぶのか、偶然なのか)証明できないことなのですから。という話をしようと思います。
心理学の実験で、シニアホームで花を育てることになりました。Aグループは花があらかじめきめられていました。Bグループはどの花がいいか選ぶことができました。想像どおり、Bグループのお年寄りの方が元気で長生きしたそうです。これは花を自分で選んだ。=育てるうえでの注意点などあらかじめしっていた。=責任が生まれた。花を育てることに対して、Aグループより主体的であった結果だといえるのではないでしょうか?
自分が生まれてくときに、この親にうまれたい。と選択したことを意識すると主体的に生きられます。どんな親にせよ、自分が選んだからにはなにか理由があるに違いない。と前向きに生きられます。(宗教によってははカルマの解消とか、自分を鍛えるためなど)。主体的に生きるといってもいいです。反対に、がらがらぽんのくじのように、生まれる時代、場所、親を勝手に決められた。望んでいないのに。(運命論)と考え、(例えばとんでもない親のもとに生まれた場合、)うらみがましく、あるいは運命を呪いながら生きるのとでは、先の実験の話ではありませんが、どちらが、有意義な人生をすごせるでしょうか? 私がスピリチュアルを哲学ととらえるのはここにあります。結局のところ自分がどう生きたいのか。変えられないものをいつまでもうらんだり、(自分から見て)よい親をもったひとをうらやんだりして、心をとらわれつづけることをしながら生きていたいのか。
もっといえば、選んだ選ばないと討論するのでなく、これからどう生きたいのかに焦点をあたえることが大切なのかなと思います。
神よ、変えられないものを受け入れるちからを。変えられるものを変えていく勇気を。二つを区別する知恵をお授けください 私の好きな言葉です We ask God to grand us the serenity to accept the thing you can not change,
the courage to change the things we can, and the wisdom to know the difference.

ちなみに、私が前世で傲慢だったから、傲慢な親の元にうまれて、気づくようにこの親を選んだと考えると、自己否定が入りがちですI am not OK これは心理学的にとってもよくないことなので、
負の連鎖を自分がストップするために選んだと考えるのもありです。
子供はどんなに”いやな親だ”と思ってもモデリング(模倣する)します、すなわち、わが子にも同じような”いやな親”となって、その子もまたあなたをモデリングして、と負の連鎖が生まれます。
だれかが、それに気づき、その連鎖を断ち切らなければならないのです。それがあなたです☆ 
かなり傲慢!?でも結果オーライということで
[2012/04/18 15:31] | 心理学とスピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0)
うちの子もtatoo
DSC00964_convert_20120415163707.jpg
DSC00963_convert_20120415163640.jpg
またtatooをしてもらいました。剣は子供の希望で書いてもらったもの。息子も大喜びです(awesome!
)私は蓮の花を書いてもらい、太陽はうちの子が書きました。(先生が書き足しましたが)先生が言うにはこの太陽の書き方はインディアンの書き方だそうです。うちの子のオーラはみどりが強いらしく、子供には珍しいといわれました。うちの子は平和主義なのでうなづけます。 うちのこくらいの年齢の子供を霊視するのは少し難しいそうです。それでも前世でのつながりはわかるようで前世では私の弟っぽいといわれました。このtatooは子供のは一日でほとんど消えたのに対し、私のはごしごしせずにおいたら、5日もちました。う~ん、肌のうるおいが違うのでしょうね。とほほ、、、当たり前ですけど、年齢を感じた出来事でした。
[2012/04/15 17:04] | おまけ | トラックバック(1) | コメント(0)
第一回 コットンキャンディ 無事終了! &次回予告
DSC00968_convert_20120415163811.jpg
先ほど、第一回の会を無事終了できました。キャンセルなどもあり、おひとり様のご参加でしたが、コミュニケーションゲームでは深い話もすることができました。
<ハーモニーベル>
書籍などでもでていて、様々な期待される効果があります。写真のものはドレミファソラシドの音階になっていて、
ベル同志をならすことで、きれいな、とおる金属音がでます。チューニングするものもあるらしく、セラピストやヒーラーの方が使われているようです。わたしは5感で感じることが大好きなので、このきれいな音のハーモニーベルを使ったり、自力整体のとき、グレープフルーツとベルガモットのエアフレッシュナーを使って、香りも楽しみました。
これら柑橘系はリラックス効果があり、ベルガモットに至っては、さらに気分を高揚!やる気アップもしてくれるので、この香りが大好きです。波の音をききながら、ゆったりと自分の体の声をきけました。
余談ですが、5感をフルに使えるのは、人間の器に入っているからこそできることですよね。ちなみに私は”かんの人”なんだそうです。漢字は伝えてこないから、わからないけど、”観”じゃないかといわれましたが、私はひそかに感じるのかなと思っています。

次回は・・・アロマセラピー入門 とアロマクラフトで バスソルトを作ります。お気に入りの香りをみつけてみませんか?
5月15日(火)20日(日) お気軽にお問い合わせください。メールフォームを使っても内容は公開されませんので、安心してお使いください。
[2012/04/15 16:27] | コットンキャンデ | トラックバック(0) | コメント(2)
父の死
一昨日、父が他界しました。スピリチュアル的にいうと、里帰りしました。息子も亡き父との対面で、死についていろんな思いをもったようです。”死ぬと肉体から、魂がぬけて、天国で生きつづけるよ”という話をしました。じゃないと、火葬なんて痛々しいですよね。わたしは小さいころ死についてわかっていなかったから、焼かれるなんてこわいなと思っていました。この世がすべてではないと知ることはとても大切だとおもいます。この世だけで、ものごとをみると、この世はなんて、不条理で、不公平でなんでしょう。哲学者カントも”あの世がなければ、この世の正義がなりたたない”といっていたそうです。この世だけがすべてなら、明日地球が滅亡するとしって、今日犯罪しまくる人だっているでしょう。もちろん、それが唯一の”みなが最期まで、節度をもって生活する理由”であるということはないでしょうけど。心理学、とりわけ認知療法においてはものごとを俯瞰してみるというか、高いポジションでみる必要があると言っています。悩みの只中にいても、おちついて、その事柄を冷静にみてみること。E原さんのスピリチュアルでも感情をすて、理性で考えることを説いています。それは感情を持つなということではありません。感情はだしていいのです。怒りだって、我慢するくらいなら、出した方がいいと思います。そのあと、感情をよこにおいて、事実だけをできるだけ客観的にみる=理性をもってみると物事が違ってみえる。このように、スピリチュアルな世界を、科学で証明されていない、オカルトだと思っている人も、スピリチュアルを哲学としてみると、もっともっと受け入れられるとおもいます。
[2012/04/09 20:52] | 心理学とスピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0)
聞いているだけで本当にOK?
とはいっても(前回のつづきです)わたしの持論があります。やっぱり、楽して~楽しく~というのは無理かなあ。逆に楽しくないとつづかない。(じゃあどうすれば、、、
一ついえることは楽しくはじまるんだけど、途中でやめてしまう人が多いのは、英会話習得に対する枠ぐみが歪んでいるような気がします。「ベストな方法さえ見つかれば、習得できる(方法の問題である)」「週一回のレッスンでぺらぺらになれる」というものや逆に「留学すればなんとかなる、留学できない限り無理だ」というものです。心理学でも自分の持つ枠組みが正しいものかどうかを判断することの大切さを学んでいますが、巷の広告や世間一般にいわれていることから、このような枠組みを持ってしまい、実際学んでみると、”こんなはずじゃなかった”ということが多いのではないでしょうか?
私も一時このような枠組みをもっていました。前にも書いたとおり、ベストな方法はひとつではないにしても、ここだけは譲れないなと思うことがあるので、あくまで私の意見ですが、ご紹介します。

〇明日の1時間より今日の5分
〇好きなテーマをやる
〇小さいを目標を立てる
〇目的をしぼる
〇プロセスを楽しむ
〇浮気しない
〇やっぱり使ってみる
次回から一つ一つ詳しくお話しますね
[2012/04/02 17:39] | 英語・英会話 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
プロフィール

mikecottoncandy

Author:mikecottoncandy
心理カウンセラー スピリチュアルな視点からセルフカウンセリングの提案
英会話講師 

好きな植物 竹、ローズマリー、シュガーバイン 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。