スピリチュアルで心理学
心理カウンセラーとして学んだ心理学にスピリチュアルな視点を加え、子育て・コミュニケーションについて提案します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
成果主義 
前回、男と女の話をしました。すこし続きから、、、

男性は「仕事で自分を知る」成果で判断するというのが ジョン博士の主張です。これには異論ないですね。実は男性社会というのも、女性に門戸が開かれていないというより、女性という生き物が本来、何を犠牲においてもトップに立ちたいという性質ではないらしいのです。(これは別の著者)もっとも女性がだんだん母性を失いつつあるといわれ、男性も草食系(古い?)がふえてきたということから、だんだんジェンダーがあいまいになってきているのかな。女性でも成果をもとめる人が多くなっている。(それでもいわゆる”女性の幸せ”をもとめるところもあり、う~ん女性って大変。これはまた別の機会に)

ジョン博士の口をかりれば、女性のなかの男性性がめきめき発揮されるということなのでしょうか。
成果主義
ところで成果ってなんでしょうね。先日、本をだしたり、メディアにでたからといって、必ずしも、経済的なリターンがあるわけじゃないという話がありました。苦労のわりに、、、というやつです。
(レストランとかは確実にふえるみたいですけど、すべての分野においてとは言えないようです。)
でも、こうは考えられないでしょうか?もしその本をよんだひと、そのラジオを聴いた人の心に訴えるものがあって、前を向いてあるいていくきっかけになったら、それは十分成果に値するものだと思いませんか。

物質的に得るもの、お金、とか名誉(日本ではわかりませんが)とかだけでしか、計ることができないのは、
さみしい気がします。 ただ、これは実感しないとわからないことだと思います。なに不自由なく生活できる、
たいへんありがたいことです。でもなにか物足りなさを感じる。
実は鬱というのも、アメリカの中流階級で(何年前だったかな?)つまり、衣食住に不自由しなくなった家庭におこり始めたというのです。明日食べるものに事欠くようなじたいでは、おこらないらしいです。
わたしはこの物足りなさこそ、人間が本来霊であり、他人(結局は自分ですが)につくすことをもとめている証拠だとおもいます。それがないから、なにかおかしくなってくる。哲学者シュタイナーも同じことを言っています。人間があるべき姿とは。。。 (ただ、まずは衣食足りて。。ですよね。 人はパンのみで生きているわけでない。というマザーテレサの言葉がありますが、まずはパンですよね。やっぱり、、そのぱんにありつけないかもしれないという不安がある社会システムはやっぱり改善しなきゃ。)

また書きすぎちゃいました^^; のでつづきはまた♪
最後に江原さんのメッセージでおわります”足るを知るものは喜び、満たされぬと思うものは溺れる
スポンサーサイト
[2012/05/29 20:32] | 心理学とスピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0)
おとこ と おんな ①
男性エネルギーと女性エネルギー
おとこ とおんなの違いについては多くの本にかかれています。一昔前に有名だったのは 地図を読めない女~ でした。わたしがいま気に入っているのは アメリカの心理学者ジョンの本です。
おおざっぱにいうと、男と女と2分するのではなく、人それぞれのなかに、男の部分、女の部分がある それでも、男の人は 男の部分の割合がおおく、女の場合もしかり。問題なのは、そのパーセントでなく、もともと持っているパーセントを、親やまわりの環境などで、発揮できないということです。 男性エネルギーが40% 女性エネルギーが60%がその人のもつ性質だとすると、”女の子はそんなことするもんじゃありません”とかいわれ、自分の男性エネルギーを否定されると、
ありのままじゃだめI am not OK となって、自己評価の低いこになる、
自分らしく生きられない。
I am not OK になるために、 世間や親の期待に添うように生きる。
疲れる。どこか破たんしていくんだとおもいます。人間関係もうまくいかなくなる。

すごくよくわかります。私は男性エネルギーが強い。しかも、女性なら〇〇でよい、女性でも(男性なみに)〇〇するべき というダブルバインドがかかっていたので、自分らしさが最近までわかりませんでした。いや、いまでも模索中なのかもしれません。
[2012/05/28 18:13] | 心理学 | トラックバック(0) | コメント(0)
memorable lines  ① 映画・ドラマや名言 より
ここでは、 名言や映画やドラマ(おもにアメリカの)から、記憶しやすい、印象的な セリフや場面を ご紹介します。 (私の個人的見解です^^)

[2012/05/28 18:01] | 英語・英会話 | トラックバック(0) | コメント(0)
第2回 コットンキャンディの会 終了
先日の日曜日は第2回の会でした。2名さまのご参加 ありがとうございました
自力整体はいいですね。普段じっくりさわってあげることのない、足の指をたんねんにほぐしたり、こり固まっている体をゆさぶることで、エネルギーが流れていくのが感じられます。
しかばねのポーズをしながら、ハーモニーベルをききます。 半分眠りそうです。。。
今日のコミュニケーションゲームででた質問の一部に、ここでは私がこたえてみますね。
最初のステージはお互いを知りあうための質問
好きなテレビ番組は? テレビは選んでみることはありません。家族はテレビ大好きなので、ついていますが^^; 家族がみる番組で好きなのは、ものまね。うまいなあと感心して、プラスおもしろいし、歌がなつかしいのだと、一緒にうたってみたり、単純に楽しい という理由。 なんの洞察もないのですが

ちなみに、こういう質問の何がたのしいんだ!という疑問を持たれる方に。説明しますと、、、
1.テレビ番組一つで洞察してしまう人もいる、(同じ番組でも見方が違うんだね~ )
2.テレビ情報          (おもしろそう、私もみよおっと)
3.共通点を見出す         (私もすきすき、あとで、話しかけよう!)
( )の中はこころの声ですが、(コメント禁止なので)とくに、第一ステージは参加者同士知り合う時間なので、どんな人なのか、少しでもわかった方が緊張もほぐれるし、3のように思わぬ?共通点があると、そこから話も入りやすくて、人になかなか話しかけにくい人とか、いいきっかけになるんですよ

第2ステージはちょっと深い質問になります。また次回ご紹介しますね
[2012/05/22 14:27] | コットンキャンデ | トラックバック(0) | コメント(0)
犬山城
先日の日曜び何年ぶりに家族でおでかけ
行先は犬山城&温泉&ビュッフェ
温泉だいすきなわが子。

お城の中にはいって、てっぺんまで登りました。(写真)

城下町ふうの風情がある町並みは、いろいろな手作りのお店が立ち並び、
水戸黄門さんや侍などもでてくる 演出ぶり。 生放送のローカルラジオ番組。

犬山ホテルでお食事をして、温泉へ。人も少なくゆったりできました。

子供はあ~もう終わっちゃったっと帰りみちはなぜかブルー。
私は(内容は)満喫してくれた様子をみて、満足感と達成感 たっぷり。
喜ばせ病(desease to please)だからですね。
子供を旅行へ連れて行くときは、本当に念入りに計画を立てます。
計画どおり進まないと キーッ となったりして。
だいぶFlexibleになったんですけど、、、。
[2012/05/15 19:37] | プライベート | トラックバック(0) | コメント(0)
くすりの怖ーいはなし 
先日、文章が長すぎると読んでもらえないよ という指摘をうけ、新聞みたいに、かるく見出しをつけることにしました。

こころの病気の診断はむずかしい
うつ病や、統合失調症など、お医者さんが診断した場合、薬を処方されます。それはいいのですが、怖いのはその診断が違っていたというケースが無きにしも非ずだということです。今日はセミナーでそういう話をきいて、恐ろしいなあと思いました。「お医者様は絶対」と信じている人は、治んないなあ と思いながら十年もその薬を飲み続ける、、、。心の病の診断って本当にむずかしいです。グレーゾーンというのもあります。(わたしも、ADHDっぽいですし、、) 社会生活に問題がなければそれは病気とは言えないようです。また、血圧と違って、数字ででるものでもないので、医者の主観もあるし、患者がなんとかしてくれといった時点で、病気なんでしょうね。
逆に、明らかに専門家の力を借りたほうがいいのではという場合でも、病気だいわれてしまうのを恐れて、いかない人も多い。
こころの風邪は早めになおそう
また、うつの手前 心の風邪を甘く見ている人も多いと思います。プチうつというやつです。心の風邪をほっておくと、やがて体に症状が現れます。やっと、そこで、動くわけですが、もともと心からきているから、薬をのんでも結局根本の解決にはならないいんですよね。
でも薬で治ればそれでよしという人はよし 最近はそう思うようになりました。
みんながみんな病気から学ぶということはできないのでは。と。
(もちろん食べ過ぎとか、心の問題じゃない場合もありますが)
カウンセリングの意義
でも薬飲む前になおれば最高ですよね。わたしはカウンセリングはその手助けになると思います。わたしもいったことがあります。とにかく、じっくりじっくり話をきいてくれる。友達にも相談するけど、重たい話って、迷惑かなって思うこともあるし、人には話せないことがある。(へへ)そんなとき、人にはなしながら、自分の考えや気持ちを整理できる。かうんセリンぐで直すよいうより、カウンセリングをつかって、自分で解決策をみつけていく、。というかんじです。カウンセリングはアドバイスをあげるものではありません。ですから、薬のように、こうこうこうすればあなたの心のもやもやはとれますよと言えないわけです。だから一回で治ることはあまりありません。 おもいきり気兼ねなく話をきいてもらいたいというだけでも、いいのです。
病気は食べ物か心か
食べ物重視の人からいわせると、食べ物が悪いから病気になるといいます。肉だめ、添加物だめ あれだめこれだめ。じゃあなんで、そういうだめなものを食べたくなるのかな と聞きたい。
さみしさをうめるため?
ストレスから? と思うと、やっぱり心じゃないか と思います。
でも食べ物大事ですけど、 (ってどっちやねん)
ほどほど 中庸。(わたしも両極端を経験していますドカ食いして今から10kgオーバーした時期とマクロビなど、ストイックな食事)
私の結論は いいもの食べてた方がやっぱ体は楽です 
ただ縛るのはどうかな。お付き合いもあるしね。

わたしのこと
わたしが太りすぎでやばいと ダイエットを決意したのは、知人の「やばくない?指までふとってるよ」といわれたことと、好きな人ができたからです 恋の力はすごいですよね
ちなみに、ドカ食いしていたのは仕事などのストレスからでしたね。

 
[2012/05/10 19:17] | 心理学 | トラックバック(0) | コメント(0)
Take rejection
人生って、拒絶の連続だと思ったことはないですか。っていきなり くらい
いえそうでなく、ほんとに、そう思うんです。
親にほしいものをかってもらえない。
好きな人にふられる
行きたい学校の試験におちる。
遊びの誘いをことわられる
頼みごとを断れる
就職しけんにおちる
自分の意見を否定される というのも一つの拒絶といってもいいかもしれません 今まで一つもないという人はいないでしょう。 凹みます 自分を否定されたように思うからです。 落ち込む人もいれば、恨む人もいるかもしれません。拒絶を快く?受け入れることができたら、どんなに幸せでしょう。
私は、長引かせるタイプではありませんが、コツといえば、
それを内面化しないことかもしれません。つまりどんな拒絶も”あなたという人間を否定したわけじゃない。”
行動と人格を一緒にしがちな人は気を付けたいところです。
子育てでも、同じことがいけます。子供の行動にNO といってもいいが人格否定はだめだということです。
それはI’M notOK の自己評価の低いこに なってしまうからです。
もう一つはうまくいかないのはうまくいかない理由があるということ。これはスピリチュアルな視点です。
[2012/05/06 18:36] | 心理学とスピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0)
A4 or B5 ,that is the question!
私は英語講師という仕事柄、プリントをよく作ります。又、映画をみたりして、覚えたい表現とか、生徒さんに覚えてほしい表現とかメモするのですが、ノートばかりたまって、それをうまく活用できていません。
後日、見つけようとしても、どこにあるのかわからず、、、苦労して書いたわりに、(書くことは好きなのですが)あまり活用できていません。今まで、たくさんの整理本をよみました。
結論はノートのサイズは合わせたほうがよいということです。
(って当たり前じゃんという声がきこえてきそうですが)問題はその大きさ。人によっていうことが違います。
A4 A5 B5 ポケットサイズのもの カードにする
すべてを試した結果、わたしの整理ノート、メモはバラバラで実に美しくない。

生徒さんにはノートのサイズは自分のライフスタイル、どこで使うかに合わせてプラス好みで統一するように
勧めています。

ただ困るのは私は文房具が大好きで、特にノートが大好きなこと。サイズ統一より、かわいさやかっこよさで選んでしまいます。 本当に、きちんと整理整頓できるひとがうらやましかったりします。 あるいはきったない(失礼)ノートでも活用している人(成果を出している人)がすばらしくみえます。

実は私はこのことでずいぶん劣等感をもっていました。
なんで、できないんだろう、なんで女の子なのにきちんとできないんだろう
先生はそこをクリアにしてくれました。「ADHDぽいいですね。」「あ”~ だからか。」納得。まさかとおもったけど。(変に几帳面なところがあるので)
しょうがないんですね。ある程度は。できることと、できないこと自分の器はわかっていたほうがよいですね。
それでも、大切なことは、あ~どうして私は!!と感情に浸るより、明らかにものを探す時間の多い人は損なので、やっぱり、対策を練ることを考える。私の結論は、、、
ノートに書くことで、実は安心してしまっている ということがありました。そこで
その場でぼそぼそ練習する。一週間は見直し(記憶の定着)覚えたら捨てる。覚えれなかったものをだけを書く。
と全体の量減らしました。あれもこれもと欲張らないこと。あれもこれもと思うと結局一つも覚えれてない、使えないということがおこります。 勉強にはコツがある。恥ずかしながら、最近わかったことなんです。努力ができる人はそのやっている方法を疑わない。”やっている” という事実に安心しているから。努力ができない人はなんとかいい方法を考える。効率を考える。 頭がいいって、こういうことをいうんだな。とつくづく思います。
[2012/05/06 18:24] | 英語・英会話 | トラックバック(0) | コメント(0)
悲しい
久しぶりに、気合をいれて書いた長めのブログを誤って、消してしまった。
悲しい
そして、同じことを書く気がしない。for now.
とほほ、、、

[2012/05/01 18:56] | おまけ | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
プロフィール

mikecottoncandy

Author:mikecottoncandy
心理カウンセラー スピリチュアルな視点からセルフカウンセリングの提案
英会話講師 

好きな植物 竹、ローズマリー、シュガーバイン 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。