スピリチュアルで心理学
心理カウンセラーとして学んだ心理学にスピリチュアルな視点を加え、子育て・コミュニケーションについて提案します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
聞くことのむずかしさ
人の話をきく。真摯に聞くって意外と難しい。
つい意見したり、
かちんときたり、
落ち込んだり、
そうだよね~ と同意してもすぐ 左から右へ  聞いてるふりしたり、、
過剰反応したり。
反応するときは、何かがあると思う。
昔は、そんな反応しちゃう自分が嫌でした。 ちいさいな。 
最近はこう思います。 それがどうしたって。 This is what I am.それが私。
そこから始めます。 なんで、こんな反応したのかな。
一言でいえば、こだわりです。 
こうでなければいけない。
これはこういうはずだ。
それ以外はおかしい。間違ってる。 など。
生きていくといろんな人に出会います。その人たちとのかかわりで、いろんな自分のこだわりが見えてきます。
そのこだわりは、どこからくるのか。癒されていないインナーチャイルドだったり、過去の未消化のできごと。
そして生きていくことはそのこだわりを一つ一つとっていくこと。
こだわりをとればとるほど、生きるのが楽になります。考え方が柔軟になります。
それもありだなって。
スポンサーサイト
[2012/08/29 20:06] | 心理学 | トラックバック(0) | コメント(0)
覚醒の意味 あたらしい社会意識 私の提案①
以前のブログで、覚醒の話をしました。もっとわかりやすく書けないものか。 と考えていましたが、
わたしのいうところの覚醒するとは、まずは集合意識、社会意識を超える。ということです。
真実だとおもっていることが社会意識です
ここでいう社会意識とかは、国、大手メディア、教育(教科書)、アカデミアなど、地域、家庭のしつけは世間様を大切にする日本人家庭ならそれになぞらう形になります。(スピリチュアルのいうところの集合意識は、この次元、そのものだからちょっとここでは置いておきます。)

要するに何を真実とするかを国、世界もっと言えば、おおきな勢力が作っているから、私たちに、事実は伝わらない、事実を知りたい人は、知りたい!!!!と願うこと。そして自分で調べることです。
流行は意図的に作られますよね。今年は何々をはやらせるぞって決められて、メディアをつかって、やるわけです。そういうことが、すべてのレベルで行われているということ。
想像してください。もし、私たちが学校や、テレビや両親から、人は死んでも死なないと教わっていれば、それが真実となっているはずです。
真実とはあなたが決めるもの、わたしたちの多くは社会意識を真実だと思っています。「みんなそういってる」からです。
よくよくテレビをみているとおかしいとおもいませんか?原発で大事故をおこして、原発を存続させるかどうかの、国民投票がない、当たり前のように、電気料金がアップされる。消費税アップだって、いつのまにか当たり前のようになっている。沖縄の基地問題で、あれだけ鳩山さんがたたかれて、あれからなんら変わってない(とみえる)のに、ほかの総理はなにも追及されない、
なぜかは、気になる人は自分で調べてみてください。
原発がとまると江戸時代にもどるといっていた知人がいましたが、これが(今となっては違いますが)社会意識ですよね。(原発のおかげで食べていけるひとの社会意識はこのままです。)
わたしが言いたいのは、だからなにかアクションをおこしましょう
ということでなく、”気づく”ということが大切です。そして新しいというか別の社会意識を気づいた私たちがつくることができます。たとえば、エネルギーの問題でいえば、100年間前にニコラテスラがつくったフリーエネルギー(宇宙からエネルギーを受け取る)が実用(しているようですが)できるとか。原発がないと大変なことになるというデーターや学者をどんどんメディアにだして、太陽エネルギーは安定しないとか火力も石油を使うとかなんとかかんとかしゃべらせれば、そしてコメンテーターが賛成すれば、簡単にみんなが原発しかたないモードになります。(郵政民営化のときと同じ手法)ジョジョに~ とは 変わらないことと同じじゃないでしょうか? 検討します=なにもしません のように。
どんなに、いいものが、発明されても、消されるか、隠されてしまうんです。そうなると困る人たちがいるからです。既得権益をだれも離したくないんです。私はその人たちを責められません。人間は弱いものです。その人たちにも家族がいるわけです。放射能の影響がでる何十年後や自然保護より、来月給料が入ることが大切なのです。来月のローンを払うことの方が大切なんです。ある人たちは世間体のためだけに。
だから、既得権益がない人、いろんな意味で余裕のある人が社会意識を脱して、事実をみようとするしかないんです。そして新しい社会意識を作っていく。これが私の提案です
[2012/08/22 20:55] | 心理学とスピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0)
おぼん
お盆休みで、バタバタしていて、なかなかゆっくりブログを書けませんでした。
お盆あたりで、何かしら変化がおきた知人が2人いました。、おぼんの季節は、普段より幽界というのか、最近亡くなった人がいる次元が物質3次元に近づくというか(物理的にでなく)らしいので、戻ってきやすいのかもしれません。そういう変化が私たちにも、なんらかの影響を与えるのでしょうかね。 不思議です。
7年ぶりの家族旅行にいきました。停留している客船のなかで、コース料理を食べ、イベントに参加し、宿泊するものです。狭いところが苦手な私は、cabin fever になって、苦しくなるかと不安でしたが、以外と大丈夫でした。でも、実際に船旅は No thank youですね。 やっぱ飛行機+普通のホテルがよいです^^;
[2012/08/22 20:08] | プライベート | トラックバック(0) | コメント(0)
ドラマ memorable lines
久しぶりのカテゴリーです。今日は B&S
Situation
養子縁組のエージェントから,選ばれたと知らされたキティ。家族はパーティーを開く。いったんは喜んだキティだが、まだ確定ではないことなどから、素直に喜べない。もしパートナーのロバートが出張から帰って、喜んでくれたら喜べるんじゃないか と不安をもらす。それをきいた母親が、

You can't put your happiness on hold . (you can celebrate with him when he gets home)but
You should be happy now, today, right this second.

幸せを(感じるのを)先延ばしにしてはダメ。(彼が帰国したら、また祝えばいいんだから)
いま、この瞬間、幸せを感じなくちゃ。

キティはWhat if ~ ?What if ~ ? と喜べない理由を並べていっていました。 もし彼女(赤ちゃんをくれる人)が自分たちをきにいらななかったら、もし、彼女が気が変わったら。  
私も前は、よく ~だったら、幸せなのに、 あと~なら 幸せ。 を、しあわせに まった をかけることがありました。もっと もっと というのは、向上心ともとれますが、それを 達しないと、happy じゃないとしたら、それを達成するまえに、死んでしまったらどうなるんでしょう。 happy じゃないまま死ぬことになります。 今 ここ その瞬間にあるものを喜び、感じる 理想かもしれませんが、”足るを知る”にもつながります。
未来をよくするために、今,今日を輝かせて生きる。


 
[2012/08/11 15:30] | 英語・英会話 | トラックバック(0) | コメント(0)
オリンピックから感じること
オリンピックの女子の活躍がすばらしいですね。特に、男子も女子もですが、団体がすごい
やはり、女性の時代が来ているのかな。といっても 肉食女子が進化してアマゾネスみたいにはならないようにしたいですね。^^;
北島選手の泳ぎについて、リレーのときの泳ぎは個人のときの泳ぎと全然違ったと解説されている人がいましたが、自分のためだけに
やるのは限界があるということでしょうか。人は他の人のため(それが大切な人であればあるほど)力がでる。
という意味でも、和 の大切さがわかります。 といっても 昔のような、集団のために、個をなくす、というのでなく、個々のユニークさを尊重し、認めあい、そのうえでの、和をもって貴し そんな時代になってほしいです。 
[2012/08/07 20:29] | 心理学とスピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0)
「覚醒せよ」
なかなか金メダルが取れない男子柔道選手OBが後輩に向けたエール。
覚醒
私たち日本人の覚醒がカギを握っている (なんのカギ!?)
かんたんに言えば、ものごとをいろんな角度でみてみましょう。
わたしが、よく己の正義をふりかざすべきでない ではなく、振りかざさないに越したことはないというのは、
客観的な意見など、ないからです。(法律は別問題です) 
これこれをもとに判断しなさいよ というのが、前回もでた社会意識です。
そして最たるものが教育といえるでしょう。道徳を国語の教科書にも組み込んできます。道徳教育上、ストーリーの結末をかえるというのもありました。日本人の美徳といえば”努力”でしたが、この裏付けとして、エジソンの有名な言葉もならいました。天才を作るのは99%のホニャララ~。あれ 本当は 「いくら努力したところで、1% ひらめき がなければ、意味がない」といったんです。(らしいです)<ニコラスラこそが天才といわれています。わたしはその方面に疎いのでわかりませんが、相当な技術、発見を彼らに盗まれたようです>
努力が無駄だといっているわけではないのですが、努力より 工夫と意思! この言葉が好きです☆ 
わたしなりの結論を言うと、いつまでも、この社会意識、集団意識をもとに平たく言えば世間様のものさしで
自分を計って 自己評価、OR他者評価するのは 卒業しましょう。己のものさしを作りましょう。

いまはやりの 自分軸 です。 自分軸をもつには、まず ほとんどの人は社会意識にそって、判断していることを自覚することから、その中で、自分軸にいれるもの、いれないものを選ぶ。(これ 前も書いたかな^^;)
いつか’世論をどうやって作るのか’を心理学をもとに書いていきます。
でも この暑さです。 熱くてお堅い 話題はしばらく避けて、涼しい話題にしましょうか。 オバケとか 違うか
わたしが後にも先にも一度 幻覚? をみたのが、小学校のときベット越しにみた ゲゲゲにでてくるようなアニメのオバケの集団です。たしかに、わたしは 覚醒 していたんですよぉ!!!    
[2012/08/03 18:24] | 心理学とスピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
プロフィール

mikecottoncandy

Author:mikecottoncandy
心理カウンセラー スピリチュアルな視点からセルフカウンセリングの提案
英会話講師 

好きな植物 竹、ローズマリー、シュガーバイン 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。