スピリチュアルで心理学
心理カウンセラーとして学んだ心理学にスピリチュアルな視点を加え、子育て・コミュニケーションについて提案します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
浅川さん 講演会
先日は浅川さんという龍のおじさまの講演会へ行ってきた。2回目

2013年どんなことがおこりうるか、今世界で起こっていることの事情などを話してくださった。

こういう話を聞くととっても重くなるのだけど、私たちができることは、前にもいった世界情勢を

いろんな角度でみること、そして、なにより日本人の霊性のめざめが その助けになると思う。

前回のブログで 世間の目 について書いたが、これをとるのには、この霊性の目覚め 私たちは

どんな存在で、何をしにきてるのか、どこへ向かうのか がわかれば、自然とまわりの目を恐れなくなる。

バロメーターは常に自分であるからだ。 たとえば、人に好かれようと思えば、あるいは人を動かした

いと思うなら、その人に重要感を持たせ、ほめるのがよい というのが心理学でいわれていることなんだけど、

(というかこういうことを知ってしまうと、ほめられてもうれしくなくなるのだ。 変に勘ぐっちゃって^^;)

つまり、人に褒められたときは、自己価値があがり、人に言われないときあるいは責められたら、自己価値が下が
というのではだめなのだ。 結局まわりの目を気にしてしまう、軸が自分でなく、世間にあるのだ。

(仕事のときや、好きな人に振り向いてほしいときは 軸を世間、相手にもってかないと、いけないのはいうまでもない。ただ相手の反応に敏感であれということ いわゆる察するというやつです。自尊心や価値感のことではない)

つまり、人に褒められようがけなされようが I'M OK であれ ということです。

話はもどって。
浅川さんの講演で気づいたのだけど、男性が多い。 江原さんや他のスピリチュルの話を聞きに行くと、圧倒的に女性が多いのだ。 そう 圧倒的だ。 が 浅川さんの場合は半分近くいる。それも、わたしが頑固だとレッテルを張りがちな 中年の方(私も中年ですが)が多い。
これは 浅川さんの 地に足を付けた取材?力 。とことん調べぬき、勉強する姿勢。 や バックグラウンドにあると思う。社会的地位のあった人であるため、 インドにふらっといって修行してきましたというのと違う(それが悪いとかでなく、世間に受け入れられやすいというだけの話。) 

スピリチュアリスト(とひとくくりにしては本来いけないが)には大きく2通りあり、現実社会に根差しているひとと、女性スピに多い好きなことだけやりなさい という現実逃避タイプ。失礼。 どっちがどうでない、両方必要なのだろう。 ただ私は、最後まで前者であり続けたい。 きついけど^^; 
浅川さんももちろんこのタイプなのだが、基本のメッセージはこうだ 毎日の生活を心豊にいきる 
もう一つ、死の先の知識を得ること。 でないと、いついつまでも、未浄化れいとして、いきることになる。
そして、ますますこういった霊が多くなるのだ。アルジェリアの事件で、亡くなった数週間後でも、犯人と人質の方がまだ、残って続き?をしていたらしい。事故死などすると、そうなるそうだ。 死後の知識がないと余計に
浮遊霊になってしまう。死んだことに気付かないらしいのだ。 病死の場合も知識がある、ないでは死の迎え方が違う。 わたしも、昨年父をなくしたが、なくなる前にブルーアイランドだったかな その手の本を読んでもらった。父はそれを読んで 安心した といってくれた。 きっと成仏してくれているはずだ。亡くなった人は自分の
好きな年代の姿にもどる。(物理的なものではないが)わたしも、父が亡くなった数週間後に、夢をみて一緒に旅行をした。 小さいとき家族で、毎年旅行をした。 わたしは30代に戻っていた父と腕組みをして歩いたのだ。

最近は 死 についての見方が変わってきているというか、 ことたまを信じる日本人、シントーでは死は忌み嫌うものというのがあってか、 死 のことをはなしするのもタブーなところがあった。 が 死んだらこうしてね。とか、遺書もふくめて、死の準備をしている とか (病気しているからでなく) そういう人が増えてきたように思う。死ぬ時期というのは、決まっているという。隕石が落ちようと事故が起きようと 生き残る人は生き残るのだ。 どちらががうんぬんではない。 おおよそ決めてきているのだ。そして前にもいった大病はメッセージでもあるから、 世界情勢がどんなになろうとも、いたずらに怖がることはないのだとおもう。

というと必ずこういう人がいる ”だってあなたはそんな目にあっていないから言えるんだ” 

わたしはもう議論もしない。説明もしない。 ただこう言う ”そうかもしれませんね。” 




 
スポンサーサイト
[2013/02/25 18:53] | スピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0)
見栄やプライド世間の目 どこまで手放せるか
日本人が覚醒することが急務だという話をいつもしているけど、世間の目 を 気にしない ことは
とても大変なことかもしれない、が幸せになりたいなら苦しくてもやるしかない。またそれは自分だけの問題でなく子供に悪影響を及ぼすからだ。 もともと勉強のできない子が、無理無理エリート校にいったらどうなるかはみなさんもわかると思う。
勉強はしたい子、頭のいい子(はやはりいる)が頑張ってやってもらえばよい。というかぜひやっていただきたい。そしてそのことで傲慢になってはいけないことを親と学校は教育しなければいけない。
もう一つは勉強といってもただ記憶量だけのことだから、学校の勉強ができないタイプの子なら生きる知恵や
考える力など を重視した塾へ行くといい。 フィンランドっぽいやつ。あるのか? そんな英会話クラスを作りたいなあ。特に学習障害の子が増えているというから、そういう子にはもってこいだ。
話は戻って、、、  
本当に頭がいい人は、決してひけらかさないし、自分が知らないことも知っている いわゆる無知の知。
小さいころからおけつをたたかれてか、親の気持ちを妙に察知する子供で、期待にそうようにがむしゃらにがんばって廃人のようになっている高校生もたくさんいる。ついていけずドロップアウトする子。兄弟のどちらかが落ちてしまい、歪んだ愛をもつ親の犠牲になるのだ。お受験もいいけど子供の性質も見極めて、いいところをみつけてあげてほしい。
子供のお勉強に(教育ではない)必死の人は、すごくコンプレックスの高い人であり、世間の目を気にする人だ
自分の自尊心が低いために、子供を使う おたくのおぼっちゃんすごいですね。 といわれると、 自分がほめられた気になるのだ。 俺が大学行けず苦労したからお前にだけは! といってきたら ”そんなの知らないよ。いまからでも社会人入学したら?” とは子供は言えないのだ。褒められよう 認められよう と必死にがんばる のだ(か、親の心子知らずでうちの子みたいにわが道をゆくか)
世間の目を気にするというのはまわりとの歩調をあわせるというのは、集団においてはある程度必要だが、(とりわけ農耕民族は)その調和は美しくもあるけど、個を犠牲にしたもの、集団に合わないものを村八分にするとか、
汚い面もある。もうそろそろこの第一段階を卒業したいものだ。(キャロラインメイスのいう第一チャクラ)都会に住んでいる人たちはぴんとこないかもしれないけど、田舎ではまだまだある。 そして都会においてでもいわゆるママさん集まりとか集団作りますよね。
必ずボスざるがいて^^; 人はさみしいからそういう集団を作って入って、まわりと一緒なら安心 なんだけど、ここでポイントは一つ。そのまわり って井の中の蛙です。 ということ、自分の集団の価値がバンコク共通で普遍だとでも思っているのだろうか。 もっともっと 大きく物事をみるようにしたいですね。 だから女性は働いてもいいし、活動、習い事でもいいし、たくさん社会へでて、せまいまま集団がすべての情報にならないように、ネットでもいいですが、あくまで情報を得るだけのほうがいいと思います。人間関係はやはり人対人。さみしさ 孤独を乗り越える というのが、この世に生きる多くの人のテーマのような気がします。(全員に通じる学びは愛です) つねづね 山の行より里の行が大変だとおもっている私ですが、孤独な人にとっては山の行の方がつらいですよね。 里の行で大変なのは、嫌な人にも愛を送れるか泥の中でも花を咲かせていられるか ということです。 そうそう多くの男性は持論で固め、悩みも抱えちゃうところがあるので広く人の意見や話を聞けるとよいですね。
[2013/02/24 18:02] | 心理学とスピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0)
我慢 辛抱 は美徳か
昨日、子供とテレビを見ていた。喉頭がんにより、声を失った方が何年ものリハビリの末、声を発することができるようになったという話である。その時彼女はどうしてリハビリをがんばったのかときかれ ”あなた(パートナー)とずっと話がしたかった”といった。何十年も夫の仕事が忙しく、夫婦の会話をゆっくりできなかったらしい。そのことで、ずっと不安だったと。そして、皮肉にも、病気になったときから、パートナーは仕事を減らし彼女との時間を大切にした。 というお話だ。
これを 大変だったね。 すごいね。 で終わらせず、一つの課題として見てみたいと思います。 というか 夫婦愛 という 形で、テレビ局側はもっていったが わたしは 別の視点から見てみたい。

彼女だけでなく、昔の女性は 我慢、辛抱 を美徳 とされ、夫のいろんな意味での暴力や、かまってもらえない?こと など を 耐え忍んでいた。 離婚率が低いのは、その理由でもある。 もっとも、ドライに言ってしまえば、離婚できなかったのだ、 耐えるしかなかった、 離婚は家族の恥であったし、(世間様ですね)なにより、経済的にきつかったのだ。(昨今離婚率が高いのは、経済的に大丈夫になってきた というのもあるが、まだまだ 経済的理由だけで、結婚生活をおくっているカップルはたくさんいます。母子家庭の 手当が減っているというのも、離婚を女性のわがまま、辛抱が足りないというふるい考えしかない人たちの政策だからか、母子手当目当てに、偽装離婚があるからかもしれないが) すみません すぐ話がそれますね^^;

とにかく、わたしはこう思った。 なぜもっと早く夫に 言わなかったのだろう ”あなたと話がしたい、子供のことを相談したいのに、、、。だからとっても不安なのだ。”と。 言えなかったんですよね。好きな仕事を生き生きとしているパートナーの邪魔をしたくなかったのだろうか、夫の留守を預かるのが妻の役目と 頑張りすぎたのではないか と思う。
男というのは 概して鈍感なので、 いわなければ、夫婦間はうまくいっている(問題なし)と思いがちなので、
女性は察してほしいと願わずに、きちんと口にださなければいけない。これは夫婦両方に課題があったのだ。
そして神様は 病気 という気づきを与えた。
すべてとは言わないが、病気はメッセージであることがある。現に、みなさんの周りにも、病気をきっかけに、
よい変化をもたらした方がいるとおもう。 やさしい、思いやりのある人になった。 こわれた関係を修復できた人生の転換(魂が求める方向)をした。 などなど。 
病気のさなかにいるときは、なぜ私が、 つらい など 思う。 もちろん、これら(病気に対する別の視点)は後になって、そう思うのだが、 スピリチュアルを少しでもわかっている人は、病気のさなかでもそういう視点でもみてほしい。 どれだけ、知識をいれても、病名を告げられたときにはパニックになると思う。でも頭の中にこういった情報を入れておくと、自分の、不幸と思える状況すら、別の視点からみる手助けとなる。いたずらに、死におびえ恐怖することがなくなる。これはわたしの実体験だ。

ところで、がん というのは、我慢する人、 頑固な人 に多いという。 って みんなやん(岐阜弁)そう。
日本人の多くはこういうタイプです。食生活だけが原因ではないんですね。病気というのをスピリチュアルな視点でみることはとても大切です。
話をまとめると、 外でばりばり働く男性、とそれに負担をかけないように自分だけで、家庭や子供のことを切り盛りする女性 という 夫婦の構図は 変わりつつあります。 特に、女性側の方が変化や気づきが早いので、男性側が、追いつけないという現状があります。 
どうすればいいか。 女性は 男性を責めることなく、素直に自分の気持ちを話すこと。なんども言いますが、多くの男性は鈍感ですので。 (言わない=OK) そして、男性は 聞く耳をもつこと プレゼンで頭がいっぱいだとか、忙しいとか と ピシャリ とシャッターを閉めないでください。 

もうひとつ。 これらは 余裕がないと できません。 スピリチュアルな視点は 心に余裕を生みます。
スピリチュアルは学問でもあります。もちろん 知識 と知徳 実践 両方が必要ですが、これからはますます生きる力として、必要になってくるはずです。








[2013/02/15 08:08] | 心理学とスピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0)
メディアリテラシィ
このところ、又近隣国がざわついていますね。ニュースばかり見ていると気が滅入ってくるかもしれません。
また、恐怖をあおるような発言をするコメンテーター、御用学者などの発言を聞いていると、
日本にも軍隊を! という世論を作ろうとしてるのだろう と 勘ぐってしまいます。
とりあえずは、自衛隊法の改正でしょうか。

マスメディアは世論を作るのに大いに役立つという話はしました。
なにか大きなこと(例えば憲法9条を変えるとか、徴兵制ど をつくるとか)を起こすには
それ相当の理由、が必要です。 国民感情 を上手に利用するのです。
これは、昔から使われている手法でもあります。 パールハーバーの奇襲の真相は有名ですね。

なにが言いたいか。 今後どんなことがおこるかわかりませんが、ちょっと  引き の目で、ニュースをみてみましょう。
ネットは情報の質がばらばらですが、いい情報もあります。また、自分自身で感じるというか、しっかり第三の目を開いて^^;見てみましょう。

心理学というのは、大衆心理をコントロールするために(も)研究されています。
管理された戦争というのは、昔からあるのです。
[2013/02/14 19:36] | 心理学 | トラックバック(0) | コメント(0)
親のエゴ
子供が8年間続けたスイミングをやめるといいました。

ここ数年は一緒に行っていたお友達もやめ、本人もやめたい感じでしたが、唯一の習い事 ということと、

私たち親が6年生までは続けてほしい といっていたので、休みがちではあるものの続いていました。

最後のお友達がやめることが決定打となり、退会することを決心したみたいです。

最初、こどもは落ち込んでいました。 6年までは、 といっていたので、 ”途中でやめた”

というネガティブなイメージをもっていました。 

私も最初は残念な気持ちでしたが、切り替えをして、8年間がんばったね といったら 

急に、誇らしくなったみたいで、父親にも”なんでもパパの理想通りにはならん”とはっきりいっていました。

考えてみたら、中途半端 って感じさせちゃったのは、私たち親です。勝ってにきりのいいところ。しかも、

プールなので、学年は関係ないですよね。 そもそも、もうバタフライまでできちゃうんだから、きりもなにも

もう十分なんです。(ターンがまだ完全じゃないけど^;ってわたしもできんわ)

そうなんですよね。ついつい 親は 子供のことを考えて といって、理想持つ。 それ自体はいいんですけど、

やっぱり、そうならなかったときがっくりきたりする。中には、いろんなものでつったり、この習い事やめるな

ら、こっちもやめる(子供が行きたがってる方)と脅してみたり、、。

とはいっても、習い事に関しては、子供のやる気の低下がやっぱり、退会につながります。経済的なこともある

し、無理やりやらせようという親は少ないと思います。いづれにしても、やめる ことに同意したのなら、それが

誇りと思えるようにさせてあげたいです。

そういえば、チャレンジ(進研ゼミ)という 教材をめずらしくやりたい っていったので、 始めましたが、1

日やっただけでそちらも退会しました。 そしたら、息子が ”ママ、今度俺がチャレンジやりたいって言った

ら、全力で止めてね ” ってどうよ^^;
[2013/02/09 16:22] | 心理学 | トラックバック(0) | コメント(0)
江原さん 握手会
先月 名古屋の書店で、江原啓之さんの握手会に参加してきました。(てちょっと古い話ですが)

私が気になっていたのは、 今回は目が合うかな ということ。

書店での握手会は初めてでしたが、ディナーショーで握手をしてもらったことはあります。

ところが、一人ひとりだったのにその時全然目を合わせてもらえなかった(気がして)。

今回は、今年もよろしく!といって固く握手してもらいました。もちろん目もバッチし合って。

古いサポーターというのをわかってもらえたのかな。

私はオーラーを見ることはできませんが、やっぱりいいオーラを感じますね。

ただ、わたしは、狂信者ではありません。江原さん自身も、私が言ったからすべて正しいというか信じるという

のはやめてください。 という これは、自分にも間違う時がある というよりも、 自分で、物理的に調べて、

あるいは感じて、判断しなさい。 ということです。 

また、江原さんは、わたしは(霊界からのメッセージの)スピーカーにすぎない 。自分自身も未熟なのだ とい

うことも言っておられます。 

宗教団体においては、教祖の言うことは、絶対 ですよね。疑うなんて発想すらない。
また、神の声が聞こえる私を 神 のように崇めることを求める教祖がほとんどでしょう。

ところで、霊能者って聖職者扱いされることあります。教師や医者もそういわれがちですが、金銭においては、

つましくしなきゃいけないみたいな。 なんでしょうね。 しかも、一般の人がいうより、霊能者同志こきおろすというとことばがきついけど、偽物、本物とかいったり、 強い、弱いとかいったり、難癖つけるような気がします。
人それぞれやり方、得意分野?があるのだから、いいと思うんですけど。

ただ、先ほどの宗教団体の教祖の話のように、こちら側が、ついそういう方たちを、神のごとく崇める傾向
そして、本当に、救われる方もたくさんみえるから、その気持ちをお金で表したりされるうちに、純粋な気持ちだったのが、だんだん変わってきてしまうといいます。 だから、最初から金銭にはルールをと考えられる方が
いるのかもしれませんね。

ところで、神社とかお寺とかの聖職者にお金を払うことはふつうにしてるのに、なんで、霊能者がお金とること、
やいのやいの言う人がいるんでしょうね。 お悩み相談でお金をとるのは、心理カウンセラーも同じですけど、
なにもいわれません。 医者へ行って、全然話もきいてくれない医者だとしても当たり前に、お金を払う。(保険でカバーされるから2割ですが実際には残りを国=税金 結局私たちが払ってますよね。)

当たり前にやってること、習慣的にやってることって疑わないけど、ちょっと違う視点でみると
いろいろ?がつくことあるなあ と思いました。
[2013/02/03 13:54] | プライベート | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
プロフィール

mikecottoncandy

Author:mikecottoncandy
心理カウンセラー スピリチュアルな視点からセルフカウンセリングの提案
英会話講師 

好きな植物 竹、ローズマリー、シュガーバイン 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。