スピリチュアルで心理学
心理カウンセラーとして学んだ心理学にスピリチュアルな視点を加え、子育て・コミュニケーションについて提案します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
リフレッシュ休暇終了
ハワイに行ってきました。大自然にふれ たくさんチャージして癒されたら、すこし肩の力が抜けた感じ。

実は、行く前は、感謝する という 気持ちが自然にわき起こらず もんもん としていた。 

が、 自然に起こるように戻ってきた。(そう、以前はそうだったのだ)

話はかわって、はらちゃん 最終回 やっぱりちょっとメッセージ性のあるドラマでした。

2次元の世界を書いているのは3次元の人間。 2次元の世界の人は自分の世界が唯一、絶対だと思い、自由意思

もある と思い込んでいる。 しかし、かれらを終わらせるのは3次元の作者だ。

私たち肉体3次元の人間のほとんどの人は自分たちの世界がすべてだとおもっている。

4次元さらに高次元の存在が私たちを動かしているなんて思わないだろう。

はたして、自由意思はどのくらい認められているのだろう。

スピリチュアリズムも、私たち人間の意志 をみとめている 。 運命論者ではないのだ。

しかし、わたしはこうも思う。 やっぱり シナリオ って 決まっているのではないか。

よく引き寄せの法則 とかで、 思考を現実化する話がある。 これは、神と人間 を引き離し、

わたしたちは無力で、小さな存在である という 集団意識から の ステップアップだ。

私たちは、神の一部でもあり、すべての人が I am OK であり、運命を変える力をもつ。 ことを知る。

しかし、これをさらに進めると、こうも思う。

もしかすると、 それすらも、プログラミングされているのではないか。 つまり、 このタイミングで、この出

来事をきっかけに、パラダイムシフトを起こす ということを。

わたしが思ったのは、私たちの意識は 覚えていないが、 魂、や 潜在意識 なんでもいい、 そういう

次元では 高次元と常にコンタクトをとっていて、了解済みであるということだ。

だから 委ねる ことが できる 。 だれと どこで どのタイミングで出会うか。 

これは 運命論者 とは 違う気がする。つまり、 動かされているのだけれども、操り人形のように、

ぶらんぶらん とされているのでなく、いってみれば私たち自身も、その紐の一部を握っている。

というものだ。

だから 現実的にはいや~ な 出来事に遭遇することも 多々ある。 しかし、それがなければ気付けないことも
ある。(これは同じく私がみていたドラマカラマーゾフの兄弟最終回でのセリフ。)

しかし、反対にやりたいことがあってもできないことがある。あるいはやりたいこともみつからないこともある。

しかし、私たちは、なにかを 学び 経験している。 そして あとになって その体験、経験が 必要なものだったと気づく。 その時は わからないのだが。

私たちは未来を作ろうと 一生けん命になることがある。 ゴールを定め、そのために何が必要なのかを必死に考える。 ビジネスにおいては必要だろう。 とくに若いうちは 何になりたいのか なんて 聞かれるものだから、なんかはっきりした目標がないといけないのか、 あせったりする。 中には、小さいころから、その才能を発揮しているひともいて、そういう人とくらべ (早咲きの人)あせったり落ち込んだりする。

いったい わたしは 何をしたいんだろう、 何に向いているんだろう、 何のために生まれてきたのだろう。 

そういう葛藤を経験する人も多いはずだ。 わたしもそうだった。

しかし、この葛藤こそが大切な経験である。 この不確実性を 受け入れるだけの度量 を 試されている。

私たちの多くは、 結果主義であり、しかも、目にみえたものがないと、あきらめたりしがちだ。

親からのインストール 急げ、 一生けんめいやれ 、 仕事においては結果をだせ。 


話が飛び飛びですね^^; 何が言いたいか。 だから、わたしたちは、なにも心配することは ない のだ。

すべてはうまくいく。 (キャロラインメイス) それは 私たち(意識)が求める”うまく”ではないかもしれない。 しかし、魂は喜んでいるのだ。

わたしがこのようにかくのは、 まさに いま 私も、コネクティングドットが できた からだ。

いよいよわたしのいままでの努力が実を結びそうなのである。

今日はスピリチュアリズム記念日。 霊的真理を胸に 新しい仕事に取り組もうと思う。


お詫びと訂正  フランチェスコの再来というのは、フランチェスコが生まれ変わったということでなく、

フランチェスコの思いを引き継いだ?持った方が、教皇になったということ でした。

1人の救世主が現れることではない。 というのは みなさんが言われているとおりです。 私たち一人一人が

現世という荒波を フランチェスコの精神を、イエスの精神を 胸に生きていくことが、なお一層もとめられて

いることは変わりありません。 現世では嫌なできごと、いやな人にあることもあります。 しかし、その人も
影ばかりではない。 その人のわずかな部分でも 光 を見つけ その光と 対話すること。

まだまだ里の行は続きそうです。


 
スポンサーサイト
[2013/03/31 16:57] | プライベート | トラックバック(0) | コメント(0)
聖フランチェスコの再来
江原さんによると、 キリスト教カソリック 新教皇、 フランチェスコ1世は あの聖フランチェスコの再来だという。 これを機にもとのイエスの教えにしたがったものになってほしいです。
ところで、わたしは、てっきり 聖マラキの予言どおり、ペトロ2世になって キリスト教に終わりがくる。 のか
と思っていた。  トムハンクスの映画(題名がでてこん^^;) は イエスは神でなく人間。しかも娼婦との子供がいる とか カソリックの冒涜 ひどかったですよね。
闇勢力は宗教をつぶすことも狙っている。
とはいえ、カソリックがやってきたことはひどかった ことも多く、起こるべくして起こった というのもうなずけます。
(そもそも、宗教と宗教団体は違くて、それこそフランチェスコのように末端で、働く人たちは、純粋なんだけど、組織というのは、大きくなると利害、権力をもとめるのは、世の常。先日も、お寺 で億の損害をだしたところありましたね。もちろんフリーメーソンだって、末端は友愛団体である。ライオンズとかね。
ところで、秘密結社といわれる団体は 闇勢力の 隠れ蓑である。と思う。闇勢力という一つの団体があるわけでなない。 今は巨大企業コングロメター。(グローバリストと呼ぶ人もいる。) そして彼らはやはり 儀式とかして次元の違う存在と契約を結び、力をもらってる のだと思う。社員全員ではないのは言うまでもない。

(人間と霊界(低い階層の)の存在が結びついて、いることは シュタイナーの本に詳しくでているので、また機会があったら書きたいと思います。 この本は、おもしろいけど、本当に難しい 脳みそを誰かに借りたい^^;)

ところで、 イエス様の汚名?をはらすために 知らない方に書くと、
イエスは霊力を備えた、というか霊力を最大限に地上に知らしめた人間である。
イエスの教えは、あの映画どおり、宗教会議で、都合が悪いことは 伏せられていること。(これは仏教も同じ。)妻もいた というのも事実。 娼婦とされてしまったマグダラのマリアさん。(マリア様とは違います 念のため)

ところで、話は現代に戻り。。。

過去には、教会の力(カソリック)が大きくなり 国王より力を持った時代がありましたね。
現在おこっているのは、 教会でなく、企業 なのです。 世界を股にかけた企業 巨大コングロメター 。 まさに、”今だけ、金だけ、自分だけ” 教です。 個人主義の 闇 の部分です。
(そして、わたしたちも、そうした闇をもつ人間です。)
TPP が注目を集めていますが、 これらの旗振り役は 製薬会社、 と 遺伝子組み換え種を世界にばらまこうとしているグループである。(←適当な言葉がみつからない とほほ)
国益 とか いってるけど、世界は国単位では動いていないのだ。 
その証拠に、TPP に参加した国は、行政など TPPの取り決めにに合わすべし との内部文書?が リークされた。
これらの取り決めに、アメリカのホワイトハウス側の人間は参加してない。 行政(国)、を無視して、企業が動いているのだ。だからオバマさんを責めないでね。オバマさんの力では どうしようもないのだ。 
(アイゼンハワーも、 この国は軍に支配されている。 中国もそうです。 政治か というのは 所詮あやつり人形なんでしょうか。)

しかし、こんな 闇 世界 でも 光をみつけ、光の中に存在することはできます。

さくわたしが、ブログで暗ーいことを書くのは、よく言われる、ドロ水のなかに咲く美しいはす でありたいからです。
自分たちが生きている肉体3次元 の世の からくり、 世界でなにが おこっているのかを知らずして、この世サイコ! OR この世はサイテー! と生きたくないからです。 

というかわたしの今世の課題 だと思うからです。 ”世の中はきれいなものだけではない” としること。
汚い世界であっても、それすら神の一部であり、喜びを求める心を失わないことです。
それはわたし自身の中の醜い汚い心を認めることでもあります。 まさに カラマーゾフの兄弟 三男 です。
(もっとも、そうやって、きれいとかきたないとか2分することが問題だ という見方もありますが、
自分がどう生きたいか という 軸が ある以上 それに反するもの、一致するもの と とらえれば 自然に
善悪が でてくる。 ただし、それらは、わたしにとっての という限定にはなるだろうが。 

最近のわたしは、 何をすべきか ということばかりに注目していました。 その答えがいまいちでずに、もやもやしていましたが、 先日 ドラマカラマーゾフの兄弟をみていて、 ”どうあるべきか を 考えるようになりました。” という3男のセリフが スコーン とはいってきました。 それは 「神との対話」で 私が、気になっていたけど、意味がわからかった部分でした。ようやく答えがみえてきた感じです。 

いま、アセンションの流れなのか、こういう事態に たくさんの人が気づき始めています。
まさに、井の中の蛙が大海にでたり、 ソフィーの世界でいうと、 ウサギの毛の奥の方にいた人が、世界をみようと、 毛のさきっちょまで、でてきた という 感じでしょうか?

次は製薬会社・医者 がついた嘘 について。 自分の命について考えるきっかけになればいいと思います。
それは、結果的に医療費を下げ、物理的にも 恩恵があるとおもいます。 

TPPにより、薬の値段があがることが予想されます、しかし、これはいいことでもあります。
みんなが薬なしで、いけないかな と考えるようになるからです。
これも新しい世界へ膿だしの一つかもしれません。

注意: 上記の内容は、現時点の、私のちっさい頭の理解にすぎません。
    判断は自己責任でお願いします。 

しばらく 更新をお休みします。 バケーションにでかけます
少なくとも3回分は書きましたね^^;
[2013/03/19 10:42] | スピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0)
お天気おばさん
「七つの習慣 って ちょっと前に有名になった本あったやろ」

私:「あー 自分原則とか 家族原則とか いうやつ?」

「あんた まさに 天気原則やなあ  天気がいいと気分ようて、くもっとったりすると、空の色と

おんなじように、あんたの心もどんよりする。 あんたの 幸せ 指数を 天気がきめとるようなもんやで

天気なんてのは今も昔も、完全な予測はできひんし、だいたい、天気に振り回されとるってどうなん?

しゃんとせんかあ。」

最近は そんな感じすらする。  が春の訪れは 冷え症の 私としては単純にうれしい 花粉症の旦那と息子には悪いけど。2人にとっては魔の季節


どうでしょう? はやり?の ダイアローグ形式 (偽)大阪弁(大阪の方ごめんなさい) で 書いてみました。
夢をかなえるゾウ とか アニキの教え とか こういう形式になっていて、サクサクよめるし、おもしろいですよね。  わたしのブログも文章が固すぎるので、こんな風に岐阜弁で書こうかしら。。。
[2013/03/09 18:45] | おまけ | トラックバック(0) | コメント(0)
相手に沿って聞く
カウンセリングの鉄則として、肯定 というのが あります。

というより、否定しない、さえぎらない という方が正しいです。

クライアントは、 頭にうかんだことを とりとめもなく 話すのですが、それを 分析したり、結論づけたり

ジャッジしたり まして、すぐにアドバイスしず、 ただただ、確認しながら、聴いていくというものです。

カウンセリングは 元手がないから いいですね というもいますが、(その方はエステ関係)

こういう聞き方って、ほんとうに大変なんです というか できません^^;

しかし、よい人間関係、親子関係 を築こうとおもったら、 これぐらい 効果あることはない と思います。

とかく、親は子供の話を 上記の よくない例のような聴き方をし、 どや すごいこといったやろ 

お父さん(お母さん)に任せろ といった感じになるのです。 そして、やってしまいがちなことは、

お父さんのころは~  おかあさんがあんたのころは~ とか お父さんの悩みに比べたらおまえの悩みなど、

と自分目線でジャッジすること、 あるいは、こうしなさい と 道をしめしてしまう 時には強制してしまう

ことがあります。 

小さいうちは だんだん 反抗期 という形で表れて、もう話さない! と 親子の会話がなくなる というのが

あります。 わたしも、悩みを親に話したことなどなかったですね。

とにかく、 だまって そっかそっか すごいね あれ?とおもっても、 こういうこと?と 確認するだけ、

これだけで、OK. あとは、 話さなくなっても そういう時期なんだな と 子供を信じればいいのではないでしょうか。

お友達同士でもいっしょにいて心地いいのは、そういう人ですよね。 

ただ、お友達同士、あるいは夫婦だと 子供 とは ちょっと違います。

まず、 愚痴ばかりきいてもらうと嫌われます。お互い様 ならよい。

 愚痴ばかりきかされて困る という人は、 相手の愚痴を誘発してないか

注意してください。 つまり、 ほとんどの 愚痴は 不毛です^^; だから テキトーに ながせば

いいのです。というと語弊があるかもしれませんが、 (子供の愚痴は真剣に) 入り込みすぎない ことでしょうか?

あとは、その人が、解決したい と思っているときは、真剣に、ききましょう。

わたしはついつい かってに、解決してやろ と 言うモードで聞いてしまうことがあるので、 要注意です。

カウンセラーの人がいっていました、 自分の友達に話を聞いてほしい といわれたときは、

何モードできけばいい? ときくそうです。 カウンセラーモード で 解決をめざして(あくまで本人の気づきによるものですが) きくのか、 友達モードできくのか、そうしないと、とんでもないおせっかいおばさん
になっちゃうからって。

わたしも 気をつけよっと。






  



[2013/03/08 17:35] | 心理学 | トラックバック(0) | コメント(0)
泣くな はらちゃん! 歌詞
私の世界

世界じゅうの敵に降参さ 戦う意思はない

世界じゅうの人の幸せを 祈ります

世界の誰の邪魔もしません 静かにしてます

世界の中の小さな場所だけ あればいい

おかしいですか? 人はそれぞれ違うでしょ?
でしょでしょ?

だからお願いかかわらないで そっとしといてくださいな

だからお願いかかわらないで 私のことはほっといて


このメロディーも 好きだし、 子供たちが歌ってるところがなんかいい。

子供たちのためにも よいものを残したいですね。

わたしたちは何のために生きるか。

すこしでもいいものにして次の世代にバトンを渡す (アニキ の本より)

わたしは2つあると思ってるんです。 自分の魂を向上させること より神に近い愛を経験から習得すること と やはりこの時代、この日本にうまれた ということを考えると このアニキのことば 深いな って思いました。 もっとも、個人個人他にもOR別の目的がある人もいると思いますが。

ところで、このドラマをみていると ソフィーの世界を 思い出します。 2次元のソフィー(本の中)と  それを書いている私たちと同じ3次元のソフィー 2次元のソフィーは 自分たちの世界がすべてだと思っているんだけど。 じつは3次元のソフィーの意のままに 動かされている わけで。。。
私たちの多くはこの3次元物質世界が すべてとおもっていて、 でも 4次元以上も いっぱいあるわけで。。。わたしたちは よくもわるくも その存在の影響を受けている。仕事でもなんでも人の出会いでも
インスピレーションをたくさんもらっている 悪くも は 波長が下がると (恨みや憎しみなど、ネガティブな思い)に引き寄せられるように、憑依される。 
もう一つ上の次元から この世界を見たいと思いませんか?

はらちゃんたちはいよいよ全員 3次元にきました。 
次回が楽しみ。 息子との大切な時間です♪

 
[2013/03/05 20:48] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
お互い様  許しあう心
結局のところ お互い様だし と許しあえるか が 和 には大切。 
なーなーに ということでもなく。

たとえば、今日はこんな話をしていました。
うちの町は給食費ただになるらしい という話をすると 上の世代おじいちゃん、おばあちゃん世代が
not fair! 不公平だ!という。 私たちのころは。。。  とはじまる。

でもね。 おばあちゃん 私たちが皆さんの年齢になったら、ほとんど年金なんてもらえないんですよ。

今年から新入生のお祝いは予算がなくなったので、できません。
not fair!  不公平だ! 去年の子はもらっていたのに。。。

去年までと収入が 全然違うんですよ。  
結局のところ、みんなみんな自分がかわいいわけです。 
変化はおこしてほしい、政治家も節約してほしい でもうちに関係するところは削らないで。 でも
うちの町には道路つくって。 と。

町ひとつ、子供会一つ 団体の意見をまとめるというのは 利害 とかからんで難しいですよね。
政治に正義を求めるのも大切ですが、 身近なところからできることをしたいと思います。

そもそも 人生って現世だけの視点でみると、(自分にとっては)理不尽に感じることばかりです。

今日は お友達と、 子育てって親が育つね という話で盛り上がりました。

先日のブログにかいた、 育てにくい子 を持ってしまった親なら、とくに。 
全く自分と思考回路、感性が違う子供を、まるまる受け入れる 自分と異質のものを受け入れることで、
自分も器 というか 大きくなるんです。 
親も、子育てする中で、たくさん間違え、失敗し(子供にいってはいけないことを言っちゃうとか、感情で怒っちゃうとか) 反省し、対策し、前進する。 

子育てするこつは、子供を 一人の人格をもった魂とおもってせっすることだと思います。
そして親だからとて完璧じゃないことも自覚するべきです。
親の資格がある人だけが親になるんなら、だれも親になれないでしょう。子供に親にしてもらうんだと思います。

[2013/03/05 20:01] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
母親が悪いのか 育てにくい子供たち
むかしから 子供のしつけ・教育は 母親が担当し、父親は 家庭内のことは 母親に任せ仕事に専念する。
という分担業 となっていた。(ところが多かった)だから 子供に問題があると、 母親が悪い、
母親のしつけが悪い となる。 父親に相談したくでもできない という母親は思いつめ病気になる(こともあるのは過去のブログでも書きました。)

最近はイクメンといって、父親もやるように(やらされるように?)なりましたね。

子供の問題は母親のしつけの問題なのでしょうか? 私の答えはYes and no です。

幼い時に母親が子供に与える影響は父親の比ではないと思います。

そういう意味では、YEs しかし、それが 母親だけの責任 ということになるとNO です。

でも いいかえれば、 母親が変わることで、子供によい影響を与える ということですから、

母親も、責任 どうしよう おろおろせずに、賢くなりたいものです。 そのためには、パートナーの支えが必要なのはいうまでもありません。 昭和のドラマのように、 何をやってるんだ! おまえのしつけが悪い というのは ORそういう視線 も なし です。

わたしが、世間の目を、、、 というのを書いてもすぐできる人はいないでしょう。 だいたいの人は、 なるほど と思うだけで終わってしまうのです。適当に愚痴っていればすぎていけることもあるからです。 
気づきがある人には、生まれ変わったようになります。 それは、いままで、幼いころにデーターとして書き込まれた、こうすべき、こうしなきゃ という親から学校から、世間がつくった価値観、考え方、それは気づかないうちに、自分と一体となり、そういったものは後付のものなんだ、変更可能なんだ。違う見方もあるんだ ということに気が付き、それを実行できるのです。


病気や鬱がそうした シグナルを送っているというのもあります もう気づきなさい と。
古い価値観を全部捨てろというのではありません。 わたしは、書き換える という言葉を使ってきましたが、
それは適切でないかもしれません。 より大きな視点で 多角的に物事をみる という方がいいのかもしれません。 

近年ADHDや学習障害という子供たちが増えてきているそうです。これらのことをスピリチュアルの視点からみるとどうなんでしょうか?

科学的にいうと、脳 に問題がある ということなのですが、 霊は脳にも勝るということを考えると、なんらかの意図があるような気がします。 
ただ、一つだけいえることは、ADHDの子供を抱える親に 既存の価値観を もういちど見直しなさい、 それには、人間は霊的な存在だ ということを思い出すことでもあると思うんです。 究極には 愛 の学びだと思います。

ADHD は本当に大変です。 本人も、家族も。また、診断はなくても、親和性のある子は大勢います。ADHDの子供たちの本当に大変なところは、親から無理解です。 そして親が理解しないために、周囲からの無理解もあります。愛情不足だという人もいますが、これも親の無理解からくるからです。
もともと親はその子を愛しているのです(ただ条件付きになってきますが)のですが、あまりにも、言うことを聞かない、おもうように伝わらない、叱ってもきかない、保育園からはいろいろいわれる、さらに、父親からが先ほどの昭和タイプだとひとり取り残され、疲れてしまうんですね。そして、開き治るか それならまだいいですが 鬱になり最悪にケースになるということもあります。(実際にありました) まず自分の子 お友達の子 学校のクラスメート に もしかして という子がいたら、すこし、勉強してみてください。 周囲興味本位でない真の理解はその子だけでなく、母親にも大きな力となります。
そして場合によっては 適切な良心的なスピリチュアルカウンセラーにかかることも 必要だと思います。 ただ、これは本当に気を付けたいのですが、先祖にたたられてるとか、怒ってるとか に話をもっていく ものを買わせる とか 被害がありますので、十分に気を付けていただきたいと思います。 

とくに、西洋医学的に診断名が付かなくても、
 親として、育てやすい子 育てにくい子 というのは あるものなんです。 親のせいではありません。 スピリチュアル的には気質がちがったりするのでしょうか。 私の場合、こんな僕でも愛してくれるのか と 問われているようでした。 わたしが今でも世間の価値観を軸として幸せ像を作っていたら、いまの家庭の平和はなかったと思います。 ただ、うちの子、すごく自己主張が強いので(親にだけ) わたしが変わらざるを得なかった というほうが いいかもしれません。 うちの子は親の言うことをしっかりきいてる、いや聞かせるぞ という子育ても、一見問題ないかもしれません。 しかし、”おれはばかでだめな人間だ”という 低い自己評価を 心のなかにずっと持ち続けることになります。   


ところで、非常に残念なのが、学校、保育園の先生、が ADHDに関して無知すぎるということです。
そして、私の心理の先生がADHDの子育てセミナーを無料でしても、まったく反応がなかった というのですから、そういった子供たちが、いかに学校で大変な思いをしているかわかりますね。

そういった子供たちは、いわば、集団 から 外れてしまう子供たちです。 足並みをそろわすことができないどころかまわりの輪を乱してしまうのです。 集団民族 にとっては、やっかいものとされてしまうのです。

ADHDの子たちが増えていること自体が 日本への メッセージだと思いませんか? 

わたしがいつもいっている、 協調性は大切 でも それによって個を殺してはいけない。 
個を尊重しながら、互いが助け合える協調性 って 素晴らしいと思いませんか?
[2013/03/02 19:30] | 心理学とスピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
プロフィール

mikecottoncandy

Author:mikecottoncandy
心理カウンセラー スピリチュアルな視点からセルフカウンセリングの提案
英会話講師 

好きな植物 竹、ローズマリー、シュガーバイン 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。