スピリチュアルで心理学
心理カウンセラーとして学んだ心理学にスピリチュアルな視点を加え、子育て・コミュニケーションについて提案します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
メッセージを読み取る
つづき

やっぱり、書きたい気分なので、メッセージの続きをかきます。

私は先日江原さんの講演会に はるばる 富士まで いってきました。
江原さんの本はすべて読んでいるので、 内容は 目新しいことはなく、そうそう と思いながら聞いていました。
本を読んでいると、 なるほど とはおもっても いまいちピン と来ないことがあります。
それは 気を利かせる と 気をつかう は違う という ところです。
なんとなく は わかるけど、 どういうことなんだろう。。。。
私はいつも知人に、 私は気が利かないし、気が付かない から、 やってほしいこと とか あったら 直接いってね。察してくれ は 無理やでぇ といっていました。
一方で、他人の言動がきになるところも あり、周りに気をつかい、 気づかれしてしまうこともおおい。
(それが前回語った職場です)
わたしは、  この 気をつかって疲れて、気を利かせられない とんちんかん 野郎 (いや女です)なんだろうか と ようやく気づき始めた。

それは 会場で私の近くに座った、わさわさ 落ち着かない人。 「なんだろうな。。。」 
私は、江原さん関連の会場では とても いろんないい出会いをしているので、今回も わくわくしていたのだ。
だが、 今回は こういう方だった。 ふむ。。
その人は、とんちんかんな 質問を してきた。「端っこでみにくくないですか 大丈夫ですか」
というのだ。 やさしいじゃん という人もいるかもしれないけど、 わたしは、「え、大丈夫でない といったら代わってくれるのか? しかも、 まだ 始まってないので、どんちょうが開いてないので、見えるかどうかはまだわからないじゃないか」 (結果は十分見えたが)
わたしはこの 気遣っているつもりなのが 空回りしている (と私には映った)人が なんとなく気にかかっていた。 その日の講演会でも 気 の使い方の話があった。 

その帰りの新幹線で、 またまた 気を 使う でも 気を 利かすでもない、 まっったく 気が付かない 人と遭遇した。  
私は 2人席の窓側、指定席で、荷物を隣においてゆったり座っていたのだが、そしたら、すぐ、違う人が 座ってきた。 その女性も、指定 っぽかった。

私は、内心、どうして こ~~んなに、席がガラガラなのに、 真面目に(指定席だから)すわっとんのや
きを利かせてどっこかに座ってくれよ。 と おもっていた。 (私がどいてもよいのだが)

そしてわたしは、 これがわたしなんだな とおもった。 そして 気をつかって、気が利かない
というのが、どういうものなのか、 はっきり わかった。 本 でなく、 経験で分かったのだ。

その一方で、気が利くひとも見た、 タクシー乗り場で、 相乗りをした方が安いと、かかりの人でもないのに、 〇〇会場へ行く人いませんか、 ときいて、 じゃあ あなた このグループと一緒にのって
と、自分より先に私を列にいれてくれたのだ。

英語でいうと 気が利くは tactful 相手が何を求めているかのセンスにすぐれていること。
医者は、tactful でなければ だめだ というインタビュー記事があった。意味がわかりやすいですね。
ちなみに、 気を使うは try to be nice  思わず笑ってしまった。 そう、 よく(いい人)思われようとすること。 だから つかれるんだあああ 納得。

きをつかっちゃいがちな人に、 いい アドバイスをもらったことがあるので、 ひとこと。
「自分が居心地がよければ、その人も居心地いいはずだよ。」

兎に角、気をつかう、気を利かす を しっかり目でみることができた ありがたい メッセージでした。

もうひとつは 夢の 話。 長くなってきたので、 一言で。 津波や水が荒れる の夢 はこれから
大変なことがおこる というメッセージ。  これも、2,3ど 当たっていました。

受信機が強い知人が多いので、その方たちの話を 2つ。 これも 見守られている カリキュラムどおり進めるように 導いている 証拠を お話します。

何時までに (夫)からメールがこなかったら 離婚する と 思ったら、 ぎりぎり メールがあった。
(彼女は 本気モードですので、 試さないようにしてください。責任もちません)

もう別れると決めたら、 その男性に 何度も遭遇する。しかもありえない時間に。 

2人とも まだ その方とのカリキュラムが終わっていない という ことですね。

これからは、 この世的な価値観でしか物事を見れない人は相当苦しくなります。
というか 苦しんでいます。 しかし、それもまたその人の通る道なんでしょうね。

やはり、富士山が 活動していることは間違いないようなので、 みなさんの 一人一人の気づきで、
大難を小難 に しましょう!

PS わたしの今世のエンドロールに載る、 ”気を利かす、気をつかう を 教える役をやってくださった お二人” ありがとう♪
スポンサーサイト
[2013/04/27 09:35] | スピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0)
見守られている存在
スピチュリズムの考え方で、 守護霊に見守られている というのがあります。
それは、自分に災いをもたらさないよう、火の粉をよけてくれる。
というのではありません。
それでは、親子でいうと、子供が悲しい思いをしないように転ばぬ先の杖どころか、道の小石まで全部とってしまう。
って考えれば納得いくでしょう。
親が子供の成長を 本来は 願うように、守護霊も私たちが大きく成長できるよう
見守っているのです。そしてそれは、なにかスキルを身に着けるように とか ではなく(もあるかもしれませんが、)やはり、 ここで言う成長は 愛 なんです。

実はそれの証拠?といってはなんですが、 実体験で おこったので 簡単にお話ししようと思います。

お恥ずかしいのですが、20年ほど前の話なので、許してください。
せっかく入った商社を1年ほどでやめることにしました。

理由は 一言でいえば、いや に なったのですが、 その当時、いかに 自分がかわいそうかを書き連ねた
文章があります。(どこかいっちゃいましたが)
そして 部署の上司に 迷惑がかかっている とうことを知りながらも やめました。
その時 背中を押してくれたのは、 今は亡き父でした。 
私は、すぐ泣いちゃうところがあり、訴えたら、「そんなつらい思いしなくて良い」と
やさしくいってくれて、踏ん切りがつきました。

それから ときを へて 今、 まさに、同じことがおきました。
わたしは 今度は 夫に 泣き泣き私が 自分がいかにかわいそうか を訴えて、 
夫もやさしく、「やめたらいい 無理するな」 と いってくれました。
わたしが、とりあえず、やめたいメールを送ろうとしていた、その時 続けなさい という 天の いや
知人たちからのメールがきました。 そして 社長からも メッセージはないものの 続けてください という
メッセージが ばんばん 届いたのです。

わたしは、 もうひと踏ん張りすることに 決めました。

この いかに 自分がかわいそうか というのが ポイントなんです。 

つまり わたしは、自分だけ が かわいかった のです。 
他人を愛するには、自分自身を愛してからですが、 自分だけ が かわいい 小我 だけだったのです。
だから いかに みんなひどくて、わたしがかわいそうかを 訴えていたわけです。

じつは、まだまだ 驚くべきメッセージをもらっていたことに気づきます。
よくメッセージは 救世主にしか おりない、 といいますが、 そんなことは 絶対にありません。
神との対話 にあるように、 神様は(定義づけは人それぞれですが)あらゆる人にメッセージを送っているのです。 ただ 私たち受信する側が 意識してないか、 気づくことさえしていないか だけなんです。

もちろん 知人たちの温かいメールも その一つであることは間違いありません。
そして 反対の立場をとった 夫 もそうなんです。 決めるのは自分ですから。

話は戻って、守護霊の愛とは、私たちが成長するように、落第した(自分可愛さで仕事をやめた)と、同じシチュエーションを与えることで、 追試 を しているんですね。 
今度はどうするのだ? 前のように 自分はかわいそう で まわりに迷惑をかけて やめるのか?

これが 愛 なんです。 

わたしたちは、自分だけがかわいい という 小我を 0 にする のは 無理なんです。(この世を部光にすることができないように)
しかし それを減らしていくことならできる それが この世のカリキュラムなんですね。

次回 メッセージの 続きを かきます。

こういった類のメッセージに気付けるようになるには、 霊能者でなくでも 大丈夫 。 
肩の力をぬいて、視点をかえる 「いったい何がおこっているんだろう。。。」自分の中のエネルギーを
回していれば 気づける と思います。
スピリチュアルや心理学を 知識として学んでいくことは こういう時に役立ちます。

とはいっても わたしは まだまだ未熟で、大きな出来事があると混乱し、パニックになってしまうので、受信機のつよい 方たちの力を 借りてます。 You know what I mean?

そういえば テレビ番組 ナイナイアンサーを みている人なら ご存じの 性格リフォームの心屋さん
やっぱり 霊能者の 知人がいましたね。 やっぱり わたしたちの悩み苦しみを乗り越えるのに霊的視点が必要なんだとあらためて思います。 
[2013/04/27 08:38] | スピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0)
回りて廻る まわりてめぐる
久々の更新です。 以前のブログでかいたチューリップが見事に咲きました
写真を載せよう とおもっている 間に 散り始めてしまいました。
2月くらいからずっと 水やりとかして育てたのですが、 開花時期は 一瞬ですね。 
しかし、また、球根の植物は、来年 咲きます。 まさに、四季と一緒 まわって めぐってくるんですね。

以前も、 円  という 話を かいて、 ぐるぐると 回っている状態が よいのだ ということをいいました。
自然界においても、地球はもちろん、四季、 花々、 終わりなく回り続けます。
これが ふつうなのです。 

健康 気、エネルギー 血の巡りなどなど、 適量が ぐるぐる している 状態 が 健康。
   (わたしのやっている自力整体まさに、この状態をめざしています。)
みなさんも見たことがある 何マークっていうんですか? 円のなかに しろ とか 黒 しろとか 赤で 色分けしてある。 陰陽をあらわした図。 あれだって、 ぐるぐる 回っている状態が正常、 あえて、それを
静止させると、あのような2色 つまり、この世には 光 と 影 が ある ということですね。
どちらかだけはありえない。 しかし、ぐるぐる回ってないといけない。

わたしは日本に伝わっている仏教を大学の講座で勉強したとき、 苦しや悲しみは あって 当たり前なのだ。
という 内容を きいて、 なんて 悲観的なんだろう と その頃はおもっていました。

以前のわたしは、ブログにも書いたように、世の中はきれいなものだけであってほしい という 思いがとても
強かったので、 なかなか そのような 考えを受け入れられませんでした。 

しかし、今は、 絶対にあることであると 知っていれば、 そういう 悲劇がおこっても やみくもに嘆かず ただ、たんたんと 前にすすめばよい という ことなのかな と 思う。

病気にしても、 やみくもに おびえず、 ただ、 人間は生きていれば、 疲れ、や 環境汚染で、毒がたまるので、 たまに、 風邪ひいて、熱だして、 浄化すれば よい。 風邪すらひくもんか と がんばってると
大病するんじゃないか と思う。 でも、 寿命じゃなければ回復するし、 今度は 健康に関してあたらしい見方ができるから、新しい生き方ができる。(人は病気で死ぬのではない、 寿命で死ぬのだ これは スピリチュアリストの言葉でなく、ある医者の言葉です。 同じ病気でも治る人治らない人、 短命なひと長生きな人 いろいろなケースをみていると、これをやるから長生きするという 普遍の真理は 結局 ない ということでは ないだろうか)

ところで、 俗のキリスト教(イエスの教えとかけはなれた)においては、 時間は一直線です。 終末論があるゆえんです。 しかし、私たち日本人は、 自然と同じ、時間はめぐる ということも なんとなく、理解できるのではないでしょうか? これは同じところを 回るという意味でなく。

たとえば、 アニメなんかも 日本のアニメにかんしておもしろい洞察があります。 日本のアニメは、
北斗の拳、や エバンゲリオン みたいに、 核戦争などで、なにもなくなった 世界から スタートします。
復活です。 それはまるで、一度文明がほろんでも、また人類がやりなおした というのに似ています。
アメリカの映画では、 アルマゲドンやインディペンデントディみたいに、 終わり を防ぐ というほうに焦点があるのです。 そりやそうですよね。 終わったら、 もう 始まらないのだから。。。

魂もそういうものだと思うんです。 解脱して おわり ということはない。 魂の永遠の旅 、成長 だとおもいます。 悟ったから合格証書もらって終了 というのは、ない。 ちなみに英語学習にも終わりはない。
つねに、向上しようと望むなら、終わりは ない という ことですね。
解脱といわれているものも、悟りにつく というのも ひとつのくぎり にすぎない のだと思います。

直線的にしかものごとを考えられないと、 必ずゴールが あるものだと 思いがちですが、そうではない。というのが 最近の私の見解です。 またこれも、変化するでしょう。 


  
[2013/04/19 08:08] | スピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0)
人生のエンドロール
わたしが昔から好きなもののひとつに 映画の エンドロール がある。
主人公たちが たくさんの喜怒哀楽 を 経験しながら、すべての アドベンチャーなり、戦いなりが終わる。
スクリーンの左側には、映画の最初のシーンから思い出深いシーンをもう一度みせてくれるタイプのものなら
なおさら、そして感動的なミュージックが流れようものなら、 涙がでてしまう。

(昨日息子たちとみたドラえもんでさえ、 ぐっと 来てしまうのだ^^;)

映画を見ているときは、そのストーリーに入っているので、主人公と一緒に喜怒哀楽 いろんな感情が生まれる。あまりに入り込むと悪役を憎んだりもするだろう。 しかし ストーリーが終わり、エンドロールが流れるときには、主人公、友人、ちょいやくでも、助言をくれたひと 友情出演の人、 そして悪役 エキストラ また、裏方といわれる、そしてその舞台をつくった人たち、すべての人、 関係者 を知るのだ (エキストラの一人ひとりの名前はでませんけど)そして、この人たち全体が主人こうのストーリを仕上げるのに 悪役ももちろんふくめて一丸となって活躍したんだなあ。 って 当たり前のことを思う。 わたしはだから、メイキングをみるのが 大好きだ。

なにが言いたいか。 

スピリチュアリストならご存じのように、わたしたちが この肉体三次元の今世 における ストーリーを 終えたとき、死 を迎え、 スピリチュアルワールドに帰っていくわけだけど、 その際 まさにこの エンドロールをみるかのように、自分たちのストーリをもう一ど守護霊と一緒に振り返る。
その当時は知りえなかった出来事、他人の感情、を目の当たりにする。

映画いうなら、 作者に描かれていた2次元のドラえもんは、3次元に飛び出し、自分の行動をみる ということだ。  私たちの人生ストーリと違うことの大きな一つ は 前にもかいた、ストリー展開には 主人公自身(わたしたち、 映画でいうならドラえもん)も 携わっているということ。 そして、その内容は、生まれてくるときに記憶を消されるということだ。 でなければ(ストーリの台本を手にしていたら、)喜怒哀楽を味わうことはできない。  

こういう人生ストーリにするには、 ここで、この人と出会って、、、 みたいな計画を立ててからくる。
もちろん、現世では 偶然にであった。 という 感動を覚えるのだが。

私は、普通ではありえない会い方をしている人たちと つまり  偶然では考えられない という 会い方をしてる人が 数人いるので、はっきりと断言できる。

()

マヤの一部の部族の人たちは、こういうそうです。 私たちはすべてを知っている。 ただ 思い出すだけだ。 と。  わたしは 自分がすべてを知っているなど到底思えないけれど、 思い出す という 感覚は なんとなくわかるような気がする。

(ただし、 これはすべての人に当てはまるわけではないことも 付け加えておきます)

またまた お詫び

書きたいことを書きたい時に書いているので、予告しておいて、書かないことも多く、すみません。
[2013/04/06 11:03] | スピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
プロフィール

mikecottoncandy

Author:mikecottoncandy
心理カウンセラー スピリチュアルな視点からセルフカウンセリングの提案
英会話講師 

好きな植物 竹、ローズマリー、シュガーバイン 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。