スピリチュアルで心理学
心理カウンセラーとして学んだ心理学にスピリチュアルな視点を加え、子育て・コミュニケーションについて提案します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
意識をかえる
お掃除が苦手な私は、だれかお客様がくると張り切って掃除をする。 そのたびに、いつもやっとけよ。
と自分につっこむ。 以前は なんで こうなんだろう、 わたしってだめだな と おもっていました。
でも、そこに感情はいらないんですね。
「人間がダメなのでなく、行為に改善点がある」 そこには、
自己嫌悪はありませんが、このままでいいのだ という怠惰な気持ちもない。
できないものは、できない とあきらめることができるなら、それでもいいんだけど、
やっぱり きれいな部屋の方が私も気持ちがいいので、いい方法をかんがえる。
結局 ”掃除をきちんとやりたい” ということは 昔と変わりないのだけど、何が違うかというと、
これは わたしの チョイス 選択 なのだ。 
と認識している ということです。
たとえば、 いい奥さんでいたいから、とか 子供の模範になりたいから、 とかそういうんじゃなくて、
自分がそうしたいから。自分に軸があるのです。
仕事でもそうですが、いやなときもあります、でも、だれもあなたに、ここで働け!と強制労働させてないんですよね。そう、認識すると、愚痴る暇はないし、どうやったら、前向きにいやな仕事をやれるのか、考えるということができる。 建設的に上司に改善を求めることもできる。

親がいろいろいって、結婚できない とか、親の家業を継がなきゃいけないとか、あなたの人生を縛り付けているようにみえるけど、子供のときはそうでした。親に見捨てられたら、死んじゃうから。でも今は大人です。
NO ということはできるのです。 
でも、わたしは、NOといわないことを選んだ。という意識をもたないといつまでも、うらみがましく過ごすことになります。 親は親で、そんないやなら、なんでいってくれなかったんだ とか 逆切れしたりして、
親子って本当に、依存というか、甘えというかが多いですね。
家族といえども、他人であるというか、助け合うけど、(合わないのもよし)他人というか、成人したら、そういう意識をもちたいものです。すると自分がとってもラクになります。
完全には割り切れませんけど、意識を変えるだけでも違ってきます。
[2013/01/05 18:54] | 心理学 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<血脈 と 霊脈 | ホーム | 新年あけましておめでとうございます>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mikecottoncandy.blog.fc2.com/tb.php/105-ab1ee53c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

mikecottoncandy

Author:mikecottoncandy
心理カウンセラー スピリチュアルな視点からセルフカウンセリングの提案
英会話講師 

好きな植物 竹、ローズマリー、シュガーバイン 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。