スピリチュアルで心理学
心理カウンセラーとして学んだ心理学にスピリチュアルな視点を加え、子育て・コミュニケーションについて提案します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ヒプノ体験①
知人がヒプノを始めたので、興味もありお願いしました。

今回は 話 のみ。 

悩んでることは ときかれ (これでもカウンセリング勉強してるし、悩みは自分で解決する自信がある)
と思っていたんですが、気づいたら、べらべら話していましたね。^^;

話ながら涙がでる、ということはまだ未解決の問題があるんだなあ。 と ふっと冷静になったりして。

ちょっとプライベートすぎて、ほかの方を巻き込むのであまりくわしく書けませんが、

いづれにしても、すべては自分の問題だなあ とおもいます。 

他人、とりわけ、家族同志は  期 待  するものです。 
そして 意識、無意識にかかわらず、 多かれ少なかれ 私たちは その期待に応えようとしています。

スピリチュアル的にはそれが本能なんだと思います。だけど、ほとんどの人は、無意識に
そうしないといけない 価値がない と 思って そうしています。 

交流分析のAC(協調性)自体が悪いのではありません。 他人と共存していくのに、協調性は不可欠です。
ただ、自己を犠牲にしたもの 正確には 犠牲と感じてしまうような 合わせ方は 無理がくる ということです。 

ニューエイジのこの言葉を思い出します。
他人はあなたの期待に応えるためにいるのではない、同じように あなたも他人の期待に応えるためにいるのではない。 (だったかな^^;)
期待をするから、違う結果が出たときに 怒り や絶望 が生まれる。

じゃあ 期待すること って いけないこと ? 自分の身勝手な期待 は やはり相手には重荷です。
でも、期待というかその相手の成長を願うことはよい と思います。 

夫婦にしても、親子にしても、その人の人間的成長を妨げるような思考や行動は嫌いです。

でもそういう人が多いような気がします。 わたしが血脈の話をしたのはそこです。家族にはすごいエゴがある。


話がまた飛びました。 どうやら心理学でならったとおり、 親子関係の 流れ(モデリング)は 脈々と受け継がれていることが、今回のヒプノの話ではっきりしました。

今回は話だけでした。 次回からは実際やってもらいます。また 報告させていただきます。

注意) わたしはヒプノをうけますが、知人だから信頼しているからです。 ヒプノをされる方にはあまり知識や経験のない方もおられますので、自己責任でしっかり検討してからにしてくださいね。もっとも猜疑心の強い方はかからないようですが。

今年からはスピリチュアル全開でブログを書きます
[2013/01/17 09:02] | スピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0)
<<親の心配・親の支配 | ホーム | 熱田神宮>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mikecottoncandy.blog.fc2.com/tb.php/108-5f3621f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

mikecottoncandy

Author:mikecottoncandy
心理カウンセラー スピリチュアルな視点からセルフカウンセリングの提案
英会話講師 

好きな植物 竹、ローズマリー、シュガーバイン 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。