スピリチュアルで心理学
心理カウンセラーとして学んだ心理学にスピリチュアルな視点を加え、子育て・コミュニケーションについて提案します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
親の心配・親の支配
知人のブログをみてちょっと気づいたことがあった。

親の過保護・過干渉
親は  心配 ととる。 あなたのためを思っていってるだけよ。 

じゃあなぜ子供はそれを支配だと感じるのだろう。また、管理しようとしていると感じるのか。

子供のため、といいながら結局は親は自分のために心配している。
のを感じるからだ。 

私の場合、 私の選択を信頼してくれない= 子供扱いされている のが嫌みたいです。

私のインナーチャイルドで言うと わたしを認めて ということになるのかな。


『親が子供のために トーストを自分と一緒に焼いた。 バターもぬった。 
ほどなく、子どもがおりてきた。 テーブルには すでにトーストがある。バターはしみしみ。
子供はいやだ(焼き立てがいい) といった。  親は わがままだ といった。』

過干渉・過保護の典型? 子供のわがまま?

この 親 の部分を 妻 にかえて、 子供を夫にかえてください。 

妻の愛情不足? 夫のわがまま? OR 正論?

結論  トーストは自分でやきましょう 

ちなみに、 わがままだと人を責める人は、自分がわがままです。 わがままを許されなかった人は、わがままな人を批判しがちです。 わがままは 交流分析でいうFC 自由な子供です。 早い段階からFCを押さえつけてはいけません。 これから必要な力は 回復力 凹んでも 立ち上がる力。 それには、FCが 必要なのです。これは自信をもって言えます。 

トースト事件は私の話ではありません。トーストは焼き立てが一番 ってわかってますもん。
夫婦の話のときは、そうだよね と妻側の味方をしながらも、 いや 焼いて置いとくなんて論外だ と思ってましたけど。 その時は、AC全開でしたので言えませんでしたが。

[2013/01/18 08:44] | 心理学 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ヒプノ体験② 過去との決別 | ホーム | ヒプノ体験①>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mikecottoncandy.blog.fc2.com/tb.php/109-a9581148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

mikecottoncandy

Author:mikecottoncandy
心理カウンセラー スピリチュアルな視点からセルフカウンセリングの提案
英会話講師 

好きな植物 竹、ローズマリー、シュガーバイン 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。