スピリチュアルで心理学
心理カウンセラーとして学んだ心理学にスピリチュアルな視点を加え、子育て・コミュニケーションについて提案します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
回りて廻る まわりてめぐる
久々の更新です。 以前のブログでかいたチューリップが見事に咲きました
写真を載せよう とおもっている 間に 散り始めてしまいました。
2月くらいからずっと 水やりとかして育てたのですが、 開花時期は 一瞬ですね。 
しかし、また、球根の植物は、来年 咲きます。 まさに、四季と一緒 まわって めぐってくるんですね。

以前も、 円  という 話を かいて、 ぐるぐると 回っている状態が よいのだ ということをいいました。
自然界においても、地球はもちろん、四季、 花々、 終わりなく回り続けます。
これが ふつうなのです。 

健康 気、エネルギー 血の巡りなどなど、 適量が ぐるぐる している 状態 が 健康。
   (わたしのやっている自力整体まさに、この状態をめざしています。)
みなさんも見たことがある 何マークっていうんですか? 円のなかに しろ とか 黒 しろとか 赤で 色分けしてある。 陰陽をあらわした図。 あれだって、 ぐるぐる 回っている状態が正常、 あえて、それを
静止させると、あのような2色 つまり、この世には 光 と 影 が ある ということですね。
どちらかだけはありえない。 しかし、ぐるぐる回ってないといけない。

わたしは日本に伝わっている仏教を大学の講座で勉強したとき、 苦しや悲しみは あって 当たり前なのだ。
という 内容を きいて、 なんて 悲観的なんだろう と その頃はおもっていました。

以前のわたしは、ブログにも書いたように、世の中はきれいなものだけであってほしい という 思いがとても
強かったので、 なかなか そのような 考えを受け入れられませんでした。 

しかし、今は、 絶対にあることであると 知っていれば、 そういう 悲劇がおこっても やみくもに嘆かず ただ、たんたんと 前にすすめばよい という ことなのかな と 思う。

病気にしても、 やみくもに おびえず、 ただ、 人間は生きていれば、 疲れ、や 環境汚染で、毒がたまるので、 たまに、 風邪ひいて、熱だして、 浄化すれば よい。 風邪すらひくもんか と がんばってると
大病するんじゃないか と思う。 でも、 寿命じゃなければ回復するし、 今度は 健康に関してあたらしい見方ができるから、新しい生き方ができる。(人は病気で死ぬのではない、 寿命で死ぬのだ これは スピリチュアリストの言葉でなく、ある医者の言葉です。 同じ病気でも治る人治らない人、 短命なひと長生きな人 いろいろなケースをみていると、これをやるから長生きするという 普遍の真理は 結局 ない ということでは ないだろうか)

ところで、 俗のキリスト教(イエスの教えとかけはなれた)においては、 時間は一直線です。 終末論があるゆえんです。 しかし、私たち日本人は、 自然と同じ、時間はめぐる ということも なんとなく、理解できるのではないでしょうか? これは同じところを 回るという意味でなく。

たとえば、 アニメなんかも 日本のアニメにかんしておもしろい洞察があります。 日本のアニメは、
北斗の拳、や エバンゲリオン みたいに、 核戦争などで、なにもなくなった 世界から スタートします。
復活です。 それはまるで、一度文明がほろんでも、また人類がやりなおした というのに似ています。
アメリカの映画では、 アルマゲドンやインディペンデントディみたいに、 終わり を防ぐ というほうに焦点があるのです。 そりやそうですよね。 終わったら、 もう 始まらないのだから。。。

魂もそういうものだと思うんです。 解脱して おわり ということはない。 魂の永遠の旅 、成長 だとおもいます。 悟ったから合格証書もらって終了 というのは、ない。 ちなみに英語学習にも終わりはない。
つねに、向上しようと望むなら、終わりは ない という ことですね。
解脱といわれているものも、悟りにつく というのも ひとつのくぎり にすぎない のだと思います。

直線的にしかものごとを考えられないと、 必ずゴールが あるものだと 思いがちですが、そうではない。というのが 最近の私の見解です。 またこれも、変化するでしょう。 


  
[2013/04/19 08:08] | スピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0)
<<見守られている存在 | ホーム | 人生のエンドロール>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mikecottoncandy.blog.fc2.com/tb.php/126-2a9f6345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

mikecottoncandy

Author:mikecottoncandy
心理カウンセラー スピリチュアルな視点からセルフカウンセリングの提案
英会話講師 

好きな植物 竹、ローズマリー、シュガーバイン 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。