スピリチュアルで心理学
心理カウンセラーとして学んだ心理学にスピリチュアルな視点を加え、子育て・コミュニケーションについて提案します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
メッセージを読み取る
つづき

やっぱり、書きたい気分なので、メッセージの続きをかきます。

私は先日江原さんの講演会に はるばる 富士まで いってきました。
江原さんの本はすべて読んでいるので、 内容は 目新しいことはなく、そうそう と思いながら聞いていました。
本を読んでいると、 なるほど とはおもっても いまいちピン と来ないことがあります。
それは 気を利かせる と 気をつかう は違う という ところです。
なんとなく は わかるけど、 どういうことなんだろう。。。。
私はいつも知人に、 私は気が利かないし、気が付かない から、 やってほしいこと とか あったら 直接いってね。察してくれ は 無理やでぇ といっていました。
一方で、他人の言動がきになるところも あり、周りに気をつかい、 気づかれしてしまうこともおおい。
(それが前回語った職場です)
わたしは、  この 気をつかって疲れて、気を利かせられない とんちんかん 野郎 (いや女です)なんだろうか と ようやく気づき始めた。

それは 会場で私の近くに座った、わさわさ 落ち着かない人。 「なんだろうな。。。」 
私は、江原さん関連の会場では とても いろんないい出会いをしているので、今回も わくわくしていたのだ。
だが、 今回は こういう方だった。 ふむ。。
その人は、とんちんかんな 質問を してきた。「端っこでみにくくないですか 大丈夫ですか」
というのだ。 やさしいじゃん という人もいるかもしれないけど、 わたしは、「え、大丈夫でない といったら代わってくれるのか? しかも、 まだ 始まってないので、どんちょうが開いてないので、見えるかどうかはまだわからないじゃないか」 (結果は十分見えたが)
わたしはこの 気遣っているつもりなのが 空回りしている (と私には映った)人が なんとなく気にかかっていた。 その日の講演会でも 気 の使い方の話があった。 

その帰りの新幹線で、 またまた 気を 使う でも 気を 利かすでもない、 まっったく 気が付かない 人と遭遇した。  
私は 2人席の窓側、指定席で、荷物を隣においてゆったり座っていたのだが、そしたら、すぐ、違う人が 座ってきた。 その女性も、指定 っぽかった。

私は、内心、どうして こ~~んなに、席がガラガラなのに、 真面目に(指定席だから)すわっとんのや
きを利かせてどっこかに座ってくれよ。 と おもっていた。 (私がどいてもよいのだが)

そしてわたしは、 これがわたしなんだな とおもった。 そして 気をつかって、気が利かない
というのが、どういうものなのか、 はっきり わかった。 本 でなく、 経験で分かったのだ。

その一方で、気が利くひとも見た、 タクシー乗り場で、 相乗りをした方が安いと、かかりの人でもないのに、 〇〇会場へ行く人いませんか、 ときいて、 じゃあ あなた このグループと一緒にのって
と、自分より先に私を列にいれてくれたのだ。

英語でいうと 気が利くは tactful 相手が何を求めているかのセンスにすぐれていること。
医者は、tactful でなければ だめだ というインタビュー記事があった。意味がわかりやすいですね。
ちなみに、 気を使うは try to be nice  思わず笑ってしまった。 そう、 よく(いい人)思われようとすること。 だから つかれるんだあああ 納得。

きをつかっちゃいがちな人に、 いい アドバイスをもらったことがあるので、 ひとこと。
「自分が居心地がよければ、その人も居心地いいはずだよ。」

兎に角、気をつかう、気を利かす を しっかり目でみることができた ありがたい メッセージでした。

もうひとつは 夢の 話。 長くなってきたので、 一言で。 津波や水が荒れる の夢 はこれから
大変なことがおこる というメッセージ。  これも、2,3ど 当たっていました。

受信機が強い知人が多いので、その方たちの話を 2つ。 これも 見守られている カリキュラムどおり進めるように 導いている 証拠を お話します。

何時までに (夫)からメールがこなかったら 離婚する と 思ったら、 ぎりぎり メールがあった。
(彼女は 本気モードですので、 試さないようにしてください。責任もちません)

もう別れると決めたら、 その男性に 何度も遭遇する。しかもありえない時間に。 

2人とも まだ その方とのカリキュラムが終わっていない という ことですね。

これからは、 この世的な価値観でしか物事を見れない人は相当苦しくなります。
というか 苦しんでいます。 しかし、それもまたその人の通る道なんでしょうね。

やはり、富士山が 活動していることは間違いないようなので、 みなさんの 一人一人の気づきで、
大難を小難 に しましょう!

PS わたしの今世のエンドロールに載る、 ”気を利かす、気をつかう を 教える役をやってくださった お二人” ありがとう♪
[2013/04/27 09:35] | スピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0)
<<性懲りもなく。。。 | ホーム | 見守られている存在>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mikecottoncandy.blog.fc2.com/tb.php/128-f38d3a99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

mikecottoncandy

Author:mikecottoncandy
心理カウンセラー スピリチュアルな視点からセルフカウンセリングの提案
英会話講師 

好きな植物 竹、ローズマリー、シュガーバイン 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。