スピリチュアルで心理学
心理カウンセラーとして学んだ心理学にスピリチュアルな視点を加え、子育て・コミュニケーションについて提案します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
かわいそうな私、 憎いあの人
なつかしいメンバーでご飯を食べることに。
イオ〇で待ち合わせ。 

うち一人 A が道に迷って、1時間近く遅れてきた。

A:「ごめんね。遅れて」
B.C:「いいよいいよ、しゃぶしゃぶいこ!」
A:「あ、ごめん私肉断ちしてるんで。」
B.C「そっかあ。じゃあどこにしようか~」 うろうろ 決めれず30分。

のちに、Bさんは、息子とともに別の 友達に愚痴る。
B「遅れてきたのに、ひどいよね。 ふつうありなくない? 結局時間なくなってきちゃってさ。ねえ、わたし間 違ってる?」
D「うううん、 ちょっとお って感じだよね~ だいたい スピりちゅあるにはまってる人多いんだよねえ。」
Bは 自分の正当性を確かめ安心。 すると じっと聞いていた息子がひとこと

「おかあさん、そんなにお肉食べたかったの?」
B: 絶句。。。 笑い

不平不満を言う時、人はだいたい、どちらが正しいか、間違ってるかを 確かめる。 
あなたは正しい! といってほしいのだ。 だいたいそうだ。 
でも、怒りって、実は違うところにあったりする。

かわいそうな私 ひどいあの人 を 訴えたいだけなのだ。
しかし、それを言うのはあまりに、子供じみてる と感じるので、 正当性 で勝負する。
いいのだ 「わたし肉食べたかったのにぃ」 で。

正義感いっぱいの人、どちらが正しいかで勝負する人は、 愛が足りない とすら思う。 

ちょっと前のわたしのことですが。


実話にもとづいて、設定を変えてあります~   
[2013/06/03 15:14] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<肉体3次元を楽しむ | ホーム | なんとなくつぶやいてみる ②>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mikecottoncandy.blog.fc2.com/tb.php/137-d01280d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

mikecottoncandy

Author:mikecottoncandy
心理カウンセラー スピリチュアルな視点からセルフカウンセリングの提案
英会話講師 

好きな植物 竹、ローズマリー、シュガーバイン 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。