スピリチュアルで心理学
心理カウンセラーとして学んだ心理学にスピリチュアルな視点を加え、子育て・コミュニケーションについて提案します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
父の死
一昨日、父が他界しました。スピリチュアル的にいうと、里帰りしました。息子も亡き父との対面で、死についていろんな思いをもったようです。”死ぬと肉体から、魂がぬけて、天国で生きつづけるよ”という話をしました。じゃないと、火葬なんて痛々しいですよね。わたしは小さいころ死についてわかっていなかったから、焼かれるなんてこわいなと思っていました。この世がすべてではないと知ることはとても大切だとおもいます。この世だけで、ものごとをみると、この世はなんて、不条理で、不公平でなんでしょう。哲学者カントも”あの世がなければ、この世の正義がなりたたない”といっていたそうです。この世だけがすべてなら、明日地球が滅亡するとしって、今日犯罪しまくる人だっているでしょう。もちろん、それが唯一の”みなが最期まで、節度をもって生活する理由”であるということはないでしょうけど。心理学、とりわけ認知療法においてはものごとを俯瞰してみるというか、高いポジションでみる必要があると言っています。悩みの只中にいても、おちついて、その事柄を冷静にみてみること。E原さんのスピリチュアルでも感情をすて、理性で考えることを説いています。それは感情を持つなということではありません。感情はだしていいのです。怒りだって、我慢するくらいなら、出した方がいいと思います。そのあと、感情をよこにおいて、事実だけをできるだけ客観的にみる=理性をもってみると物事が違ってみえる。このように、スピリチュアルな世界を、科学で証明されていない、オカルトだと思っている人も、スピリチュアルを哲学としてみると、もっともっと受け入れられるとおもいます。
[2012/04/09 20:52] | 心理学とスピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0)
<<第一回 コットンキャンディ 無事終了! &次回予告 | ホーム | 聞いているだけで本当にOK?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mikecottoncandy.blog.fc2.com/tb.php/17-2af3a02e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

mikecottoncandy

Author:mikecottoncandy
心理カウンセラー スピリチュアルな視点からセルフカウンセリングの提案
英会話講師 

好きな植物 竹、ローズマリー、シュガーバイン 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。