スピリチュアルで心理学
心理カウンセラーとして学んだ心理学にスピリチュアルな視点を加え、子育て・コミュニケーションについて提案します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
謙虚にいきること
よく”自分の目で確かめたものしか信じない!認めない!”というのがありますが、傲慢だと思うのはわたしだけでしょうか。同じように科学で立証されたものしか信じない!認めない!というのもあります。私がこれを傲慢だと思う理由は、自分がそれほど全知全能なのか?と聞きたくなってしまうからです。自分を過大評価しているようにもとれます。自然に対してもそうですが、人智の及ばないことがらがある、自分にはまだ知りえないことがたくさんあると謙虚に生きると、先のような発言は到底できません。真の科学者は今の科学の限界を知ってて、かつこれからの科学の発展を信じているからこそ、例えば霊のような科学で証明できないようなものも、否定はしません。むしろ、科学で証明してやろうとなるものです。(スピリチュアリズムの出発はたしかそれがきっかけでした。)アリソン・デボアは実在の方ですが、彼女の旦那さまがscientist(科学者)というのも素敵ですよね。
想定外ということばが原発事故にたいする釈明で聞かれましたが、似たことがいえます。人間の力の過信です。
(もっとも想定が低すぎるという意見もありますがそれはまた別の問題)謙虚にいきることと自己卑下は違うという話は前にもしましたが、自分を過大評価せず、過小評価せず。ありのままの自分を受け入れる。でも正直私はこの言葉が好きではありません。ありのままを受け入れるということは、そこでストップしてしまうことがありえます。”どうせ私ははこんなもの”といっているようで、自分を受け入れているんだろうけど、同時に自らの可能性をディスカウントしていることになります。限界を自分で決めているともいえ、とうてい謙虚とはいえません。この”ありのままを受け入れること”と”向上心”のことを次回にわたしの体験を交えながらお話します。
好きな言葉
人事を尽くして、天命をまつ Do your best and let God take care of the rest.という感じかな? (誤字脱字があったみたいですみません)
[2012/04/20 16:16] | 心理学とスピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0)
<<jazz chants! | ホーム | ストローク~人間に必要不可欠なもの~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mikecottoncandy.blog.fc2.com/tb.php/22-682baa00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

mikecottoncandy

Author:mikecottoncandy
心理カウンセラー スピリチュアルな視点からセルフカウンセリングの提案
英会話講師 

好きな植物 竹、ローズマリー、シュガーバイン 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。