スピリチュアルで心理学
心理カウンセラーとして学んだ心理学にスピリチュアルな視点を加え、子育て・コミュニケーションについて提案します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
認められたい
”認められたい””ほとんど全員の人の思いだと思います。社会的に成功され、認められている人も、元をただせば認められたい一心でがんばっておられるのかもしれません。このように、認められたいというのは、向上心の原動力となり、それ自体はOKだとおもいます。不幸の思考は、いまのままではいけない、足りない、もっと というのは、執着ともいえるし、一番問題なのは、認められないと私は、価値がない と考えてしまうことです。人から認められないと、交流分析でいうとI am not OK.となるとまずいわけです。自尊の念を持つということは何においても大切、人生を幸せなものにするのに不可欠だとおもいます。ダメな自分もOKだとならないと不幸です。これに関しては、”向上しようとしないからだめだ”というひともいます。(停滞状態?だめでよいというあきらめ)それに対しての私の持論は、人はOKになると、自然に、人のために、何かをしたくなったり、向上したくなるのではないか、と。人のために何かをするというのは道徳で教えるようなことでなく、人間の気質なのではないでしょうか。もし、そういう気になれない人は、なにかそういう風に思えないブロックがあるようなきがします。性善説ということかな。でも、人間は弱い生き物でもあり、(性弱説)。なかなかスムーズにはいけません。もちろんわたしも、その境地にたどり着いたわけではありません。そこで出てくるのが道徳なのではないでしょうか。こうあるべきだ!しかしこれはとても厄介なものでもあります。また後日、道徳について考えてみます。
あと、大切なことですが、”認められたい”ともやもやしている方は、はだれに、どのように(なにに関して)認められたいかを具体的に考えることです。私は、スピリチュリズム信仰者ですので、死後守護霊さんたちに、よくがんばったっていわれたいですね。(何をがんばるかはここでは書きませんが、あります。)なんでもだれにでもいいという漠然だと結局他人のものさしで、自分を計り続けるしかなく、不幸であると同時に、ぶれているため、認めてもらえるための?エネルギーを注ぎ込めないからです。えらそうなことを書きましたが、わたしも人からほめられたり、すごいねなんていってもらえると単純にうれしいし、。コメントとかもらえるとうれしいです。(って そこ!?)単純に、ほめ言葉がほしいひとは、人をほめる、(感心する)、認めることです。自分から幸せの種をまくことだと思います。すんごいことを成し遂げなくてもいいんです。私はまだまだですが、ほめ上手な人いますよね。そういう人は観察上手、聞き上手ですよね。良好なコミュニケーションのコツでもあります。
[2012/06/25 17:33] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<カラオケ | ホーム | コミュニケーション>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mikecottoncandy.blog.fc2.com/tb.php/40-d47eb1a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

mikecottoncandy

Author:mikecottoncandy
心理カウンセラー スピリチュアルな視点からセルフカウンセリングの提案
英会話講師 

好きな植物 竹、ローズマリー、シュガーバイン 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。