スピリチュアルで心理学
心理カウンセラーとして学んだ心理学にスピリチュアルな視点を加え、子育て・コミュニケーションについて提案します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
くすり のこと
最近、うつっぽい症状を訴えている人が増えているようです。スピリチュアル的には、エネルギーというか変わってきているのだそうです。理由はなんであれ、症状をなんとかしたいということで、多くの人の頭に一番に浮かぶのが、心療内科です。わたしは知りませんでしたが、聴くところによると、医者の免許があれば、何科でも掲げていいのだそうです。そして、人のこころについてはどこまで、勉強されているのかは、その先生次第。
私が、このことを書くのは、話もきいてくれず、(医者側は聞いているつもり)薬だけ出す。という話をよく耳にするからです。カウンセリングは聞くことから始まるので、そういう話を聞くと本当に治るのかな と疑いたくなるのです。 抗不安剤、抗うつ剤 はどこまできくのでしょうか? 危険だといっている本もあります。
長くなりそうなので 結論だけ書きます。 うつ=薬で治す という図式を 緩め、ほかの方法も考慮したうえで、自分で決定するということです。私の父が、がんを患った時も、末期ということもあり、私は抗がん剤の服用をしないように言いました。でも、父はお医者さま信仰の強い人なので、(ほとんどの人はそうですが)本人の納得いくようにするのが一番だと思いなおしました。本人が納得することが一番大切です。ただ、情報があまりに少ないと、判断できないので、がん治療のこともうつ病にかんしても、元気なうちに、いろいろ情報を探すのがいいような気がします。うつ病に関しての情報もホームページにアップしていきますので、ご覧ください。 
[2012/09/02 18:26] | 心理学 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<チョコバナナ  ~趣味とは~ | ホーム | 聞くことのむずかしさ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mikecottoncandy.blog.fc2.com/tb.php/54-6f15a662
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

mikecottoncandy

Author:mikecottoncandy
心理カウンセラー スピリチュアルな視点からセルフカウンセリングの提案
英会話講師 

好きな植物 竹、ローズマリー、シュガーバイン 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。