スピリチュアルで心理学
心理カウンセラーとして学んだ心理学にスピリチュアルな視点を加え、子育て・コミュニケーションについて提案します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
若者よ! 選挙に行こう ③
某情報番組みていたら新党が乱立してなにがなにだかわからない という 全員のコメントが
あった。 

いや あるじゃん  脱原発 TPP  減税  公務員の給料を減らす 
全部が全部方針が一緒じゃないから、乱立するだけだ。

私に言わせれば、既存の政党こそ なにがやりたいんだ とおもう

民主に変わった時はみなが期待したが、思うようにうまくいかなかったのは、党内がまとまってない

それもそのはず 右の人や左の人が混在しているのだから。

しかし、長い自民党独裁政治を終わらせたこと、は やはり大きな意味があったと思う。

それを 政党がかわっても何もかわらない という根拠?にしてほしくない。

こういう空気を流して、若者の選挙への足をとめることの弊害の方が大きい。

選挙権というのは、歴史をひもとけば(←使ってみたかった^^;)決して当たり前に思ってはいけない、

特に、女性。 選挙権があるということは、その人たちにも益があるよう、政治をやる人が政策をたてなければい

けないということになる。そこで 疑問、 なぜ 女性や 若者 中心の政策がないのか、

投票しないから。投票に行かない→政策がうすい→どこでもいっしょ。じゃあ いかない という悪循環なのです。

では 本当に 変わらないのか いや 変えられないのか? 大きな壁がいくつかあると思います。

ベースにはやはり アメリカ がある (それ以上は述べないでおきます)(アメリカコメディ、ドラマ大好き
そして、国内政治にいたっては、族議員、官僚システムです。 

難しい話はしたくないので、簡単にいうと、 
選挙をはじめ政治かははお金がかかる (らしい) お金を献金してもらわないと、とっても裕福な家庭じゃないと、無理 らしい だと、お金をもらている団体、会社 組織、 にメスを入れるのは難しい。

だから、橋本さんのような しがらみのない人は 強いのだ。 

ただ、官僚の存在が大きすぎて、思うように行かなくなる可能性があるのは、民主に変わった時にみなが知ったことですよね。 次回は官僚制度のなにが変なのか 書きますね。

わたしが書いてることは誰にでもアクセス可能な本やネットです。
専門ではありません のでご理解を。
[2012/11/23 11:45] | 社会・経済 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<英語と心理学 | ホーム | テーマは自律①>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mikecottoncandy.blog.fc2.com/tb.php/87-d6490ade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

mikecottoncandy

Author:mikecottoncandy
心理カウンセラー スピリチュアルな視点からセルフカウンセリングの提案
英会話講師 

好きな植物 竹、ローズマリー、シュガーバイン 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。