スピリチュアルで心理学
心理カウンセラーとして学んだ心理学にスピリチュアルな視点を加え、子育て・コミュニケーションについて提案します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
英語と心理学
英語講師をはじめこの業界に約15年携わっている経験から少しお話。

なぜ 日本人が英語が話せないのか

やり方がわるいのか? わたしの答えは NO だ。 答えは 心理学 にある。 というか メンタルにある。

1. 完璧主義の 日本人  (わたしは愕然としました。あのNHKラジオ英会話をやったことのある人ならだれ              でも知っている、大杉正明先生の英語の酷評に。)
失敗したくない、間違えたくない、と構えているから、言葉がでない。 頭の中で完璧に言えるものしか話さないでおこうとすると、口数がへる。 わたしも経験がある。

英語をそこそこ話せる人でも自分の英語には自信がないと皆いう。日本人は自分にも他人にも厳しすぎる。too critical )なのだ。

2.ゴールが 非現実 unrealistic  間違いのない、完璧な、ネイティブの発音の流暢な英語=英語ができる としている。 できるようになってから話すのでなく、話しながら、できるようになっていくのだ。母国語と一緒。間違えてなんぼなのに、それを 笑ったり、落ち込んだり、批判したり、 日本人が日本人の足をひっぱっているとしか思えない。

3. 完璧な英語ができるひとを崇める信仰  帰国子女とか親が外国人とか、明らかに、
一般の人と環境が違うから、彼らが英語ができるのは、わたしたちより自然だ。 特別なことはなにもない。
英語以外の知識、技術、うたがうまいなど、あるいは人間性など、すばらしいものをいっぱいもっているのに、英語ができないことに劣等感を持つ人がいる。 ナンセンスだ。 (ちなみに1.2の課題がある人は留学しても絶対話せるようにならない)
わたしたちはどうも、欧米人に対して、いまだ劣等感をもっているのかさえ思う。
ちなみに、わたしは外国人にこのことを教えてもらった。 
逆を言えば、英語ができる人サイドが 自慢げにみえるときもある。 わたしもありました。 
でも自分に自信がないから、特技を強調することはあります。自慢は、自信のなさの裏返しでもあります。
このお互いの足をひっぱる比較社会から、気づいた人から抜けましょう (意識をですよ。)

長くなったので、現実的理由は次回~ 

[2012/11/23 14:08] | 英語・英会話 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<目覚めよ日本人 ④ | ホーム | 若者よ! 選挙に行こう ③>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mikecottoncandy.blog.fc2.com/tb.php/88-8c1d153a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

mikecottoncandy

Author:mikecottoncandy
心理カウンセラー スピリチュアルな視点からセルフカウンセリングの提案
英会話講師 

好きな植物 竹、ローズマリー、シュガーバイン 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。