スピリチュアルで心理学
心理カウンセラーとして学んだ心理学にスピリチュアルな視点を加え、子育て・コミュニケーションについて提案します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
コミュニケーション
来月コミュニケーション講座をします。コミュニケーション上手といえば、英語圏の人ですね。generally speaking ですけど。話すの大好きという感じ。日本の人は言わなくてもわかる、わかって! の察しの文化ですから、コミュニケーションが苦手。前も話したけど、見方によれば怠惰なんです。(霊体なら言葉はいらないんだけど^^;)
あと、どこで聞いたか忘れましたが、日本人はごねると話がとおるとか、、、押したもんがち、客の態度が横柄なのもうなずける。(もっとも訴訟大国アメリカの客の態度もどうかとおもうが。)アメリカ対日本 のどちらがいいとか、そういう話ではない、一長一短だし、そもそも今住んでいる日本を冒涜するのは、自分を否定することになる。マイケルムーア的発想。愛すればこその指摘です ペコリ
話は戻って、コミュニケーションを苦手とする人には英語を習ってみてはどうでしょう。
以前、日本語だと、ぼそぼそ話す人が、英語になると、とたんに、生き生き 自己主張する人がいましたよ。
別人格になるのかな。とにかく、腹式呼吸ではなすから、気持ちがいいし(胸式でも話せるけど)
私が働いている学校に来ている人たちも楽しそうですよ。別に、必要ってわけじゃないけど、(年に一回いくかどうかの海外旅行のためにやってるのはneedではないです) そう 趣味 なんです。 趣味とは ムダ なことをいいます。 お金や時間がかかるでも、好き (もちろん英語に関しては、必要に駆られてくる人もみえますが)韓国語やってる人もそうですよね韓国は日本語で旅行できちゃうんだから、必要かどうかといわれれば、いらないんです。でも 好き やりたい 趣味は大事です。仕事が趣味という人は要注意(自営業ならいいけど)引退したとたんやることなくなっちゃう。趣味を通じていろいろな人と出会い、話をして、それが刺激になります。刺激は人間になくてはならないもの。(刺激しっぱなしはあかんけど
また話が流れました、、 (多くの)女の人の特徴ということでお許しください。話しながら要点にたどり着く、、、 (って着いてる!?)
[2012/06/23 19:17] | 英語・英会話 | トラックバック(0) | コメント(0)
memorable lines 2 
2 といっても実質1です。
何をどう見る?
DVD学習は、どの英語学習アドバイスにもあります。何をみるかまでは、詳しく書いてないのは、一人ひとり好みが分かれるからでしょうね。学習者用のドラマDVDがあったのですが、題名を忘れてしまいました。もしご存じの方がいたら、教えてください。
私がよく見るのは、B&S デスパレート~、アリー、フレンズ、SATC,ミディアム、フルハウス、サイエンフィルド、難点は、シリーズものは、どんどんストーリー展開してくので、一つのエピソードでかっちり学ぶぞと思っても、次がきになって、どんどん見てしまう。使えそうなフレーズをちょこちょこ拾ってメモするんだけど、見直すことはまずないですね。 それよりも セリフをその場でいってみたり、初心者の方だったら、英語のリズムとか、どのタイミングで、どんな感じでいうのか、身振り手振りはなど、マネする感じでいうと、いいと思います。
ききとれないことで落ち込まないで(わたしも全部ききとれません)。音読ブームがありましたが、セリフをそのスピードでいうということがリスニングアップにもつながります。相当早いですから、なんどもなんども練習する必要があります。

前置きが長くなりましたが、今日は 『映画 SATC』 より
It 's forgiveness. 許し… 人があげられる最高のおくりものかもしれません。
ガンジーのことばに強くなければ人を許すことができないというのがありましたが、(The weak can never forgive, Forgiveness is the attribute of the strong.)それほど、なかなかできないこと。許しというと、許してやるという上から目線ですが、私が大好きなキャロラインメイスさんによると、許しとは、私があなたを許してやるというのではなく、私がその(人との)ことで、受けた「犠牲者」としての立場から解放されることを意味する。う~ん 深いなあ、、、 。わたしは、(あなたとの)出来事にもう心を痛めたりはしない という宣言のようなことなんでしょうか、 たしかに、それには、一人で立っていかなければいけないので、強い思いが必要というのも うなずけます。 私は、〇〇の犠牲者だから、できない、無理ということがもういえなくなる。私を苦しめたつらい思いをしていない人と同じ立場に立つことですから。
[2012/06/13 07:42] | 英語・英会話 | トラックバック(0) | コメント(0)
memorable lines  ① 映画・ドラマや名言 より
ここでは、 名言や映画やドラマ(おもにアメリカの)から、記憶しやすい、印象的な セリフや場面を ご紹介します。 (私の個人的見解です^^)

[2012/05/28 18:01] | 英語・英会話 | トラックバック(0) | コメント(0)
A4 or B5 ,that is the question!
私は英語講師という仕事柄、プリントをよく作ります。又、映画をみたりして、覚えたい表現とか、生徒さんに覚えてほしい表現とかメモするのですが、ノートばかりたまって、それをうまく活用できていません。
後日、見つけようとしても、どこにあるのかわからず、、、苦労して書いたわりに、(書くことは好きなのですが)あまり活用できていません。今まで、たくさんの整理本をよみました。
結論はノートのサイズは合わせたほうがよいということです。
(って当たり前じゃんという声がきこえてきそうですが)問題はその大きさ。人によっていうことが違います。
A4 A5 B5 ポケットサイズのもの カードにする
すべてを試した結果、わたしの整理ノート、メモはバラバラで実に美しくない。

生徒さんにはノートのサイズは自分のライフスタイル、どこで使うかに合わせてプラス好みで統一するように
勧めています。

ただ困るのは私は文房具が大好きで、特にノートが大好きなこと。サイズ統一より、かわいさやかっこよさで選んでしまいます。 本当に、きちんと整理整頓できるひとがうらやましかったりします。 あるいはきったない(失礼)ノートでも活用している人(成果を出している人)がすばらしくみえます。

実は私はこのことでずいぶん劣等感をもっていました。
なんで、できないんだろう、なんで女の子なのにきちんとできないんだろう
先生はそこをクリアにしてくれました。「ADHDぽいいですね。」「あ”~ だからか。」納得。まさかとおもったけど。(変に几帳面なところがあるので)
しょうがないんですね。ある程度は。できることと、できないこと自分の器はわかっていたほうがよいですね。
それでも、大切なことは、あ~どうして私は!!と感情に浸るより、明らかにものを探す時間の多い人は損なので、やっぱり、対策を練ることを考える。私の結論は、、、
ノートに書くことで、実は安心してしまっている ということがありました。そこで
その場でぼそぼそ練習する。一週間は見直し(記憶の定着)覚えたら捨てる。覚えれなかったものをだけを書く。
と全体の量減らしました。あれもこれもと欲張らないこと。あれもこれもと思うと結局一つも覚えれてない、使えないということがおこります。 勉強にはコツがある。恥ずかしながら、最近わかったことなんです。努力ができる人はそのやっている方法を疑わない。”やっている” という事実に安心しているから。努力ができない人はなんとかいい方法を考える。効率を考える。 頭がいいって、こういうことをいうんだな。とつくづく思います。
[2012/05/06 18:24] | 英語・英会話 | トラックバック(0) | コメント(0)
jazz chants!
今日ははるばる大阪まで、ジャズチャンツのセミナーにいってきました。簡単にいえば、リズムにのって、英語をいう。というものでジャズの音楽にのせていいます。音楽大好きなので、このジャズチャンツをレッスンで使えたいとおもっています。
多くの日本人は英語の発音に劣等感をもっているので、早いうちに英語を外国人にならって発音をよくしたいという人がおおいのですが、アジア圏の人が話す英語をみてもわかるとおり、発音はそれぞれ国によって癖があります。日本人らしい英語でもいいと思う。それよりも、大事なのはリズム抑揚
声をだしたり、リズムにのることが小学校中、高学年になると苦手なような気がします。
今日のセミナーではたまたまアメリカ人の先生たちが参加していて、彼らが、とてもリラックスして、体でビートを感じながら、楽しんでいるのをみて、こちらまで、楽しくなりました
教える側が楽しむって大切ですね。怖い顔して、”ちゃんと覚えているのか”視線をおくったら、子供だって萎縮しますもんね。かといって、楽しいだけで、学べてなくてもだめだし、
ジャズチャンツは大人も子供も楽しめるメソッドになりうると思いました。
[2012/04/22 20:00] | 英語・英会話 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
プロフィール

mikecottoncandy

Author:mikecottoncandy
心理カウンセラー スピリチュアルな視点からセルフカウンセリングの提案
英会話講師 

好きな植物 竹、ローズマリー、シュガーバイン 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。